アメリカ人、平均9つの世界観が混在する信念と行動を示す

Date

アメリカ人 キリスト教徒の中で6%が聖書的世界観持ち

多くのアメリカ人が融合主義を受け入れ、キリスト教徒の中でわずか6%が聖書的な世界観を持っていることが明らかになった、とクリスチャンポスト(CP)が最近報じた。

アリゾナ州にあるキリスト教大学の文化研究センターが実施した2024年のアメリカ世界観調査(American Worldview Inventory 2024)リポートは、「アメリカの成人は『単一の世界観を持つ者』ではなく、本質的に『複合的な世界観を持つ者』であり、平均して9つの世界観から引き出された信念と行動が混ざり合った世界観を持っている」と明らかにした。

また、「アメリカの支配的な世界観は、アメリカ成人の92%が支配的な人生哲学として選んだ融合主義である」と紹介した。

この報告書は、「融合主義(Syncretism)について、個人が自分の満足のために生活哲学をカスタマイズして混合したものを描写するために使用される用語」と説明した。さらに、人々は現実に対して独自で個人的な理解と反応のために、自分が認識している様々な世界観に自分の感情を適切に依存する融合主義を取っていると付け加えた。

文化研究センターは、融合主義をアメリカ成人の88%が同意した2021年以降、この世界観を追求するアメリカ人の数が継続的に増加していると述べた。

報告書はまた、聖書的世界観が他の10の世界観の信念と衝突していると明らかにした。

例えば、「結婚した夫婦は永遠に一緒になることが可能である」というモルモン教の信仰は、アメリカ人の46%が受け入れていることが明らかにされた。

また、アメリカ人の46%は、「人は生まれたときに善でも悪でもなく、積み重ねられた人生の選択を通じて善または悪になる」という信念を持っており、これは道徳主義的治療論(moralistic therapeutic deism)、世俗的人本主義、アニミズムの哲学と関連している。

回答者の3分の1以上(35%)は、「正しいことと間違ったことを決定する際に、最も自分の理性と感情に依存するようになる」という世俗的人本主義、ポストモダニスト、サタニズム的な考えに同意した。

これに対して、聖書的世界観は、「結婚は地上の死で終わり、」「全人類は罪人として生まれ、私たちの罪は神によって罰されるが、悔い改めてイエス・キリストを救い主として受け入れるとき、主が与えてくださる恵みを通じて克服できる。」また、神は「すべての真理の源」とされ、「聖書を通じて人類に真理を伝えられる」と紹介された。

汎神論と精霊崇拝と関連した信念は、「人間は動物、植物、自然を支配する権利がない。私たちは彼らと調和して相互依存しながら生きるべきである」と要約され、このような思想をアメリカ人の31%が持っていた。

聖書的世界観は「人類は神の最高の創造物であり、その方はご自分が創造された他のすべてに対する支配権を人間に与えた」と教えろ。そして「動物、植物及びその他の被造物とは異なり、唯一人間だけが神の形で作られ、永遠の魂を持っている」と要約した。

多数の調査対象者が受け入れた聖書的世界観に反する他の信念には「約束されたメシアが初めて地上を訪れ、自らの民を救う」というユダヤ教の思想(28%)、「より高い力が存在するかもしれないが、実際には誰も確信していない」というポストモダニズムの概念(26%)、「成功した人生の最良の指標は良い人間であること」という道徳主義的治療論とモルモン教の信仰(24%)、「真理の基盤は科学的で検証可能な証拠にある」という世俗的人本主義の信念(23%)などがある。

これらの信仰は「イエス・キリストはメシアであり、罪を悔い改め彼を救い主として呼ぶ者は救われる」「創造自体が神の存在を証明する」という聖書的世界観の主張と矛盾する。成功の定義は「神と聖書にある神の生命原則に対する不変の従順」であり、「神以外に真理はなく、神は自らの性質と御言葉によって真理を定めた」ということだ。

「宇宙は人間が決して理解したり発見したりできないような方式で存在している」というポストモダン思想と世俗的人本主義の信念は、回答者の間で聖書的世界観に反する信念の中で10番目に最も一般的に信じられており、その調査対象者の21%がこれを固守した。聖書的世界観は神の宇宙創造が聖書に記録されていると宣言した。

聖書的世界観と関する信仰に関してじゃ多くの人々が拒否しており、これはアメリカ人の4%、キリスト教徒の6%のみが聖書的世界観を保持していると文化研究センターは報告している。文化研究センターは聖書的世界観を「聖書に照らし合わせて現実を見て、解釈し、反応する手段」と定義している。

文化研究センターは聖書、真理と道徳、信仰実践、家族と生命の価値、神、創造と歴史、人間の性質と本質、生活様式、行動と関係、目的と使命、罪、救済、神との関係に関する質問への回答に基づいて聖書的世界観を測定した。この報告書は1月2000名の成人からの回答に基づいて行われ、誤差範囲は±2ポイントである。「クリスチャンタイムズ=福音祈祷新聞」

<著作権者 ⓒ 手の中の神の国、真理で世界を開いてくれる福音祈祷新聞。 出所を記載して使用してください。>情報提供·お問い合わせ:gpnews@kakao.com

Morepost

神様の国の復興と宣教完成