米国企業、堕胎反対で一日130万ドル罰金危機

Date

ホビロビ(HOBBY LOBBY)社、避妊薬などに対する保険料支給拒否

米国のホビロビ社が、潜在的に一日130万ドルに至る罰金を支払う危機を甘んじて受けても、“経口避妊薬をはじめ堕胎費用に対する健康保険料を従業員たちに支給しなさい”という政府の命令に抵抗する計画を明らかにした。

 この会社は“健康保険法が我々の信仰を侵害することはできない”と主張しながら、“避妊薬を含めた堕胎のための金額を支払うことは会社の経営方針ではない”と明らかにした。保守キリスト教徒が所有主であって、宗教書的を販売するマデル社(Mardel Inc.)も避妊薬支払い費用を提供しなさいとの連邦政府の健康保険法を防ぐために訴訟を提起している。

大法院判事ソニア・ソトメイアは、会社の訴訟を棄却しながら“彼らは堕胎費用支払い拒否に必要な法的基準を満たさなかった”と理由を上げた。また地方法員判事ヒトンは、先月この会社に不利な判決はくだしながら“教会と他の宗教的な団体は産児制限条項から憲法的保護を受けることは可能だか、ホビロビ社とマデル社は宗教的団体ではない”と言った。

ホビロビは、毎年クリスマスと独立記念日に彼らの信仰を宣言する全面広告を多くの新聞に載せている。

Morepost

神様の国の復興と宣教完成