[GTKコラム] 神様の愛(4):堕落した神様の愛

Date

光を造り、闇を創造し、平和をもたらし、災いを創造する者。わたしが主、これらのことをするものである。(イザヤ書45:7)

町で角笛が吹き鳴らされたなら、人々はおののかないだろうか。町に災いが起こったなら、それは主がなされたことではないか。(アモス書3:6)

私たちは愛の神様の概念を悪と苦痛、災難に満ちた堕落した世の中とどう調和させることができるだろうか? 学術的な用語で、この困った問題は神義論(悪の存在が神の属性と矛盾しないという説-訳注)だと知られている。

沈黙は間違った答えだ

多くの説教者にとって、この質問はとても難しいだけだ。彼らにとってこれに対処する方法は取り上げないことだーまるで彼らの沈黙がこの質問を取り除くかのように。しかし、このジレンマに答えることを拒否する教会指導者たちは、信徒たちを神義論の困難から保護しないように見える。むしろ、彼らは教会信徒ー特に幼い信者をーダーウィンの進化論と過激な無神論に追い込むことになる。

最近、高校と大学の教育は反キリスト教的な議題でいっぱいだ。そして、学究的な不信は神義論の悩みを喜びとして受け入れる-それは彼らが関心を持つ限り決定的証拠だ。彼らは神を非難し、攻撃するために神義論を喜んで使用するだろう。 現代の無神論の一躍スターであるリチャード·ドーキンスは、神に対する憎悪を吐き出すのにこの神義論を使う(それがまるで神が存在しないことを証明するかのように)。

「旧約聖書の神様は、おそらく小説の中で最も不愉快な人物である。嫉妬してそれを誇りに思っており、心が狭く、不義で、容赦なく物事を自分の思い通りにしたいと思っている。復讐心が強く残忍な人種清掃者であり、女性嫌悪、同性愛嫌悪、人種差別主義者であり、幼児殺害、集団虐殺、子供殺害に疫病を引き起こし、誇大妄想で、虐待的な性欲に意地悪なならず者だ」(ドーキンス)

筆者は多くの若い自称信者がドーキンスのような主張の餌食に転落するのを見てきた。難しい神学的質問から彼らを守ろうとする牧師たちの努力は、彼らを世界の簡単な餌食にしただけだ。聖書的葛藤を避けることは、ただ他の何かが満たす空間だけを残しておく。

開かれた有神論は間違った答えだ

無神論者たちが神義論の問題を神様の性格を非難するのに使う反面、悪い神学者たちはその方の性格を変えるのに使ってきた。彼らが神様の愛とその方の他の属性が衝突するのを見る度に、問題になる属性は投げられたり変わった。

開かれた有神論がその例だ。これは神義論を扱うための比較的新しい神学的「革新」である。開かれた有神論者たちは愛の神様と未来を知る神様の間の両立を見られない-特にその未来に悲劇と災難が含まれている時はだ。Greg Boydのような開かれた神学者たちは、神様がこのようなことに驚くと主張する-その方はそのようなことが来るのを見なかったということだ。

「このような開かれた観点によれば、私たちの人生で起きることは神様が計画しなかったか、甚だしくは確実にあらかじめ知らなかったということである(たとえそのことの可能性はご存知であっても)。 これは、開かれた観点から見れば、事件がすべてのことより先立つ神聖な目的なしに起こりうるということを意味する。この観点から、「神様を信頼」することは、私たちに起こるすべてのことがその方の神聖な目的を反映するという確信を与えられない。’

しかし、開かれた観点が本当に神様を悪いことが起きるという苦境から免れるようにするのか? そして、それが神義論の謎を解くのか? 違う違う。 Boydは未来の任意の災難によって圧倒されうる縮小された形態の愛を提供する一つの神を残したものだ。開かれた有神論は、「お一人である神様-髪の毛まで数えて」(マタイ10:30)、「星々を名前の通り呼んで」(詩篇147:4)、「私たちが口に出す前にすべての言葉を知っている」(詩篇139:1-4)神様に対する神聖冒涜的な歪曲に過ぎない。

無気力は間違った答えだ

神様の主権に対して開かれた有神論が否定するのは、その方の最高権勢に否定することだ。もし神様がどんなことが起こるか分からないのなら、その方はまたそれが起きるのを防ぐ力がない。そして、これがなぜ災難事件が起きるのかに対するTony Campoloの主要論点だ。

Campolo–牧師、大統領諮問委員、公言する福音主義者–は神様が恐ろしい災難に主権を持つという考えを好まない。カトリーナハリケーンの余波で、キャンポロは彼が神の他の属性を侵食することで、その方の愛する本性を防御できると考えた:

「不幸にも良くない答えがたくさんある。これらの答えの一つは、とにかくすべての苦痛が神の偉大な計画の一部であるということだ··· 神様を不名誉にするこのような陳述は、神様論の哲学者たちが今まで起こしたすべての論争より多くの人々をキリスト教から遠ざける原因になる。

洪水が湾岸を襲ったとき、神様は最初に悲しんだ方だった…··· 明らかに、神は罪のない人々、大部分は–カトリーナの犠牲者に苦痛を創造されない。おそらく神様は実は私たちが言ってきたように強力ではないと論争するラビHarold Kushnerのような人々の主張を聞くのが妥当かもしれない。旧約聖書のどこにも神様が全能だとは言わない。’

Tony Campoloは「全能な」という単語が聖書に現れないという限りで正しかった。しかし、「三位一体」という単語も聖書に出てこない。全能(すべての能力を持つ特性)は聖書が広範囲に神様について話しているその方の属性だ。

わたしたちの神は天にいまし、御旨のままにすべてを行われる。(詩篇115:3)

実際、主イエスは聖書が繰り返し認めることについて証言された。

神は何でもできる (マタイによる福音書19:26)

逆に、ルカ1:37には「お言葉どおり、この身に成りますように」と話した。

全能な神様について論争することにより、Campoloは結局愛が無力な神様、すなわちカトリーナのような悪い災難と相手にならない神様を擁護することで終わってしまった。しかし、主権的な聖書の神様は自らに対して真理をおっしゃった。

町に災いが起こったなら/それは主がなされたことではないか(アモス3:6)

光を造り、闇を創造し、平和をもたらし、災いを創造する者。わたしが主、これらのことをするものである。(イザヤ45:7)

実際、Greg BoydやTony Campoloのような人々は神学者を装う偶像崇拝者にすぎない。誰かは彼らの神学が実際にどれだけの快適さを提供しているかについて、少しでも考えてみたのか知りたいのだろう。

考えてみなさい。何があなたが夜もっとよく眠れるように助けるのか? 癌診断に驚きながらハリケーンを防ぐことができない無能力に悲しみ、幸運を祈る神様なのか。それとも、すべての事件–良くも悪くも–をその人たちの究極的な善とその人の栄光を促進するために指揮していると約束される神様か(ローマ8:28; 11:33-36)。

服従が正しい答えだ

間違った答えは神の愛に対する難しい問題に関する限り何の役にも立たない。John MacArthurは、代わりに私たちは神とすべての人生の状況に対する彼の摂理的御業を信頼しなければならないと結論付ける:

「私たちは起きるすべての幸運や災難の意味や目的について知っているとは考えられない。しばしば不義な者たちが繁盛し、神様の善良さを経験しているように見える。

略奪者の天幕は栄え、神を怒らせる者、神さえ支配しようとする者は安泰だ。(ヨブ12:6)

主に逆らう者が横暴を極め/野生の木のように勢いよくはびこるのを/わたしは見た。(詩篇37:35)

見よ、これが神に逆らう者。とこしえに安穏で、財をなしていく。(詩篇73:12)

したがって、しばしば天の祝福が神の恵みの証拠ではないように見える。少しでも繁栄が神の承認の証だと考えるな。そう考える人は道に迷いやすい。逆に、義人はしばしば苦しむ。

キリスト・イエスに結ばれて信心深く生きようとする人は皆、迫害を受けます。(テモテへの手紙二3:12)

つまり、あなたがたには、キリストを信じることだけでなく、キリストのために苦しむことも、恵みとして与えられているのです。(フィリピの信徒への手紙1:29)

しかし、神様はこのような苦痛を善を成すのに使う。

神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。(ローマの信徒への手紙8:28)

言い換えれば、善良に見えたものが頑固で信じない者には悪で終わるだろう。しかし、神の所有である子供たちには、すべての困難と訓練が善良に意図されたものだ(創50:20)。したがって、私たちの観点から最も大きな災難は実は神の慈悲のしるしだ。’

史上最悪の出来事が起こりうる最高の出来事であったことが、私たちにとって何の意味もなくてはならない。キリストの十字架は、最も邪悪に企てた陰謀の結果であった。 堕落した人間によって運営された司法制度は、これまで生きてきた最も潔白で義理堅い人に死刑宣告を下すことができた。それでも神様の愛の最も大きな実証として、その方は主権的にそのすべての十字架刑を私たちが永生を相続できる方法で展開された(使徒言行録4:27~28)。

ガルボリの醜さと悪さの中で、弟子たちでさえ神様の栄光な目的がなされるのを見ることができなかった。私たちは同じような精神的盲人に留まってはならない-私たちは神の愛とその主権の両方からの確信を持ち、私たちが完全に理解できない時でさえ、彼の意思に服従しなければならない。[福音祈祷新聞]

キャメロン·ブエット(Cameron Buettel) | グレーストゥコリアのコラムニスト

GTKコラムは、私たちの人生で起こるすべてのことを聖書の言葉から答えを見つけようとする米国グレースコミュニティ教会のジョン·マッカーサー牧師とGTK協力牧師と聖徒が寄稿するコミュニティであるGrace to Korea(gracetokorea.org )のコンテンツで、本誌と協約を結んで掲載されています。

<著作権者 ⓒ 手の中の神の国、真理で世界を開いてくれる福音祈祷新聞。>情報提供及びお問い合わせ:gnpnews@gnmedia.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成