[GTKコラム] 僕たちの感じよりもっと確実なこと(1)

Date

私たちは、私たちの主イエス・キリストの力と来臨をあなたがたに知らせるのに、巧みな作り話に従ったのではありません。この私たちが、あの方の威光の目撃者だからです。イエスが父なる神から誉れと栄光を受けられたとき、厳かな栄光の中から、次のような声がかかりました。「これは私の愛する子、私の心に適う者。」私たちは、イエスと共に聖なる山にいたとき、天からかかったこの声を聞いたのです。こうして、私たちは、預言の言葉をより確かなものとして持っています。夜が明け、明けの明星があなたがたの心の中に昇るときまで、暗いところに輝く灯として、この言葉を心に留めておきなさい。何よりもまず心得てほしいのは、聖書の預言は何一つ、自分勝手に解釈すべきではないということです。預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、人々が聖霊に導かれて、神からの言葉を語ったものだからです。(ペトロの手紙二 1:16-21)

私たちは自分が思っているよりもはるかに「感情」に影響を受けます。 普通サムギョプサルが食べたければ「肉は減らして野菜をもっと召し上がってください」という医師の勧告を無視して自分の好みが惹かれるままサムギョプサルを食べます。遅くまで起きていたいなら、次の日のことで早く起きなければならないのに寝ません。ある人についてよく知らないくせに、ただ感じによって行動しながら話したりもします。ただ瞬間の「ロマンチック」な感情によって衝動的に行動したり、時にはその瞬間の感情によって一生の同伴者を選択したりします。感情に忠実なこのような行動の結果、私たちは多くの間違いを犯し、試練を経験します。苦しみながら後悔したりもします。それから初めて自分の感情を信頼できないことを学びます。実は、そうでも学べたら幸いです。

これらの問題は、霊的な問題においても同様です。私たちは教会が私にくれる「感じ」によって教会を選択したり、聖書のどんな一節が私にどんな影響を及ぼすかによって従順可否を決定したりもします。聖書は、信じない者と頸木を共にしないように命じます。また、妻に罪を犯したときに許しを請うことを命じています。聖書は、教会が一定の規律を守り、実践すべきことについても命じます。ところが私たちは神様のこのような明確な命令より私たちの感情を上に置いて言葉に従いません。御言葉に従ったら損をすると感じるとき、私たちは従うことを拒否したりします。

私たちは私たちの心が「違う」と叫び、他の人々(さらには教会のリーダでさえ)が私たちの堕落した感情を認めてくれる時、どうやって神に従うことができるのでしょうか? これに対する答えは、神の言葉に確信を持つことです。 全宇宙万物の神様が聖書の言葉は欠点がないと証拠しています。 彼の言葉は確かで確固たるものです。 彼の言葉は私たちの感じより確実です。

ペトロ第二手紙1:16-21は堕落した人間の感情が持つ強い力ではなく、神様の御言葉の確実性に対する私たちの信頼をより強固にします。この言葉をよく理解するには、この手紙の文脈からよく理解する必要があります。ペトロの手紙の全般的な主題は「敬虔せよ」という命令だと要約できます。1章3-11節は1)神様の約束の中にある敬虔の能力と2)信仰で建てられる神聖な人柄、3)そして招きと選択にある敬虔の基礎について話します。そして続く12-15節でペトロは彼の死が差し迫ったことに言及し、その前に聖徒たちを目覚めさせ敬虔の重要性を再び想起させることが重要だと言います。ペトロはただ罪と肉的欲に縛られるだけの偽りの教師たちが自由を約束しながら教会に密かに入ってきていることを知りました」(2章)。 それで彼は、この手紙の読者たちが偽りの教師たちと彼らの教えを無視し、ただ神聖さを追求するようにするために、この手紙を記録したのです。

聖徒たちが神聖さを追求する最も主な動機はキリストの降臨です(3章)。 この手紙はもちろん、すべての新約聖書で「キリストの降臨」は神聖で義に満ちた人生を追求する最も大きな動機になります。偽りの教師たちは、審判の日に再び来る主を否定しました。それでペトロはキリストがすべての人々を審判するために再び戻ってくるという事実を確信させるために手紙を送りました。そして、その主張が真実であることを証明するために、ペトロ第二手紙は1:16-21で2つの証拠を提示します。最初の証拠は「目で直接見た証拠」であり、2番目の証拠は「権威ある文書」まさに聖書です。次回はこの2つの証拠をもっと詳しく見てみましょう。

私たちは「好きなことをしてください」、「今の幸せが大切です」と言う世の中で生きています。テレビコマーシャルを通じて、ドラマや映画を通じて、あるいは専門家の言葉を通じて、世界はそう言い続けます。しかし、多数がそう言ったからといって、それが事実であり真理であるわけではありません。私たちが追求しなければならないのは「神聖さ」です。 「敬虔」です。 言い換えると、「主に似た姿」です。それを追求する上で最終的な権威は神様の確実な御言葉であり、今の私の感情ではありません。キリスト教徒として本当に神様に似たいですか。それなら、皆さんの感情や他の誰かが違うように言っても、この事実を覚えておいてください。 神様がくださったこの言葉が私の感情よりもっと確実です。 [福音祈祷新聞]

ジョージ·ピアソン | グレース·トゥ·コリアのコラムニスト

GTKコラムは、私たちの人生で起こるすべてのことを聖書の言葉から答えを見つけようとする米国グレースコミュニティ教会のジョン·マッカーサー牧師とGTK協力牧師と聖徒たちが寄稿するコミュニティであるGrace to Korea(gracetokorea.org)のコンテンツで、本紙と協約を結んで掲載されています。

<著作権者 ⓒ 私の手の中の神の国、真理で世界を開く福音祈祷新聞。>情報提供及びお問い合わせ:gnpnews@gnmedia.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成