気圧が高かった洪水前の動物は巨大だった。

Date

箱舟から出たノアは文明を完全に建て直さなければならなかった。最初からやり直すには石器を作らなければならなかっただろう。そうするのが土を掘って鉄を見つけた後、溶かして鉄器を作るよりはるかに速いためだ。製作に3週間もかかる鉄斧を作る間に飢え死にすることもあり、50ポンド(約22.7キロ)もする鉄器具を持ち歩くことも難しかっただろう。むしろその場で石器を作るのがもっと早かっただろう。マンモスやバッファローを追いかけて素早く石器を作って屠殺した後、道具を捨てて他の場所に移動したのではないか。

今、私たちはこのような石器を発見すると、このように反応する。「わあ、この矢じりが完璧な形でバランスが取れているね。この人たち、賢いんだね。発展した文明だったようだ」。あるいは若干粗雑に見えて柔らかく整えられていない他の矢じりを発見すれば「これを作った時代の人々はそれほど賢くないようだ。」と話す。実際にそうだったのだろうか。こんな仮定はどうかな?矢じりが粗雑に見えるのは、逃げるマンモスを捕まえるために焦っていた人が作った可能性はないだろうか。このような遺物は、彼らの知能よりは、彼らがどれだけ時間をかけたかに関する痕跡かもしれない。

洪水の前には、人間だけが長生きしたのではなく、動物も長生きした。それだけ大きく成長した。 身長18フィート(約5.5メートル)の角のない、非常に高いサイに対し、人々は先史時代の動物だと言う。しかし、そうではない。100年前まで「先史時代」という単語は辞書にもなかった。1766年の辞書には「先史時代」という単語がない。1860年辞書にも、1892年辞書にもない。洪水前という言葉はあったが、先史時代という概念はなかった。

洪水が起こる前は水のカーテンが気圧を高めたため、地球環境は今とは大きく違っていただろう。昆虫もはるかに大きく育った。昆虫は使用可能な酸素量と大きさが比例する。表面積と体積の割合によって酸素が豊富な水に住む昆虫は1000倍も重くなる。50インチ(約1.27メートル)の翼を持つトンボのような化石が発見された。最近は3~4インチ(約7.6~10センチ)程度しか育たないが、洪水前は巨大だった。18インチ(約45センチ)もの巨大なゴキブリの化石と8.5フィート(約2.6メートル)の巨大なムカデ化石も発見された。このような化石はもっとある。2フィート(約60センチ)のバッタ化石、足の間の長さが3フィート(約90センチ)もあるドクグモ化石、60フィート(約18.3メートル)の柔らかい化石、テキサスでは9フィート(約2.75メートル)のロバも発見された。これらは数百万年前と言われているが、違う。洪水の前に生きていただけだ。

気圧が高くなると、より多くの気体が水に溶け込む。エラで水中で呼吸する魚ももっと大きかっただろう。今、サメが約1インチ(約2.54cm)の長さの歯を持っているなら、そのサメはおそらく15フィート(約4.5m)程度の長さになるだろう。そのため発見されたサメ化石の歯は、サメがこの地球で80フィート(約25メートル)の長さに育ったことを示している。

ボウ博士は高圧酸素室でショウジョウバエを育てたが、普通より10倍長く暮らした。ただ気圧だけを高めたにもかかわらず、このような結果が出た。 エデンの園は気圧も高く、日光も濾過され、磁場もさらに強かったはずだ。エデンの園以来、少なくともこの3つ、いや、もっと多く失っただろう。

アンデス山の海抜2マイルで発見されたカキは、11フィート(約3.5メートル)の長さで600ポンド(約270キロ)の重さだった。エベレストでは化石化した貝を発見した。これらの貝は化石化したにもかかわらず閉まっていた。エベレストは海辺までは約450マイル(約700キロ)離れており、貝は死ぬ時に殻が開く。どのようにして化石化した閉じた貝をエベレストの上で発見できたのだろうか?洪水があったはずだ。しかし、洪水がエベレスト山の上までは襲ってこなかっただろう。その時はエベレスト山はまだなかったはずだ。詩篇104編は洪水の最後に山が登ったと述べている。洪水が終わる時に山が形成され、地表が割れて開いて、割れたものが上がったり下がったりした結果だろう。

爬虫類は決して成長を止めない。もし爬虫類をエデンの園に置いて900歳まで住まわせたらどうなるだろうか。とても大きなトカゲになるだろう。 恐竜は洪水が来る前にアダムとハワと一緒に暮らしていた大きなトカゲだ。今の時代にペットショップで買えるこんな小さなジャクソンカメレオンが15トンまで育つとしたら、どんな形になるだろうか。一種のトライセロトップのようなものだろう。恐竜は「恐ろしいトカゲ」だ。恐竜は人間の歴史上、常に一緒に暮らしてきたし、名前が違っていただけだ。 <続く>[福音祈祷新聞]

本紙は創造論専門家の米ケント·ホーヴィンド博士の創造論講義を要約、紹介する。 ホビンド博士の講義は聖書を中心に神様の創造世界を興味深く説明し、進化論が偽りの信仰体系であることを明快に明らかにしている。 <編集者>

<著作権者 ⓒ 私の手の中の神の国、真理で世界を開いてくれる福音祈祷新聞>

문의: gnpnews@gnmedia.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成