絶望の時、神様に出会う大切な機会

Date

キリストの中で完全な教会(1)

神様は人生の最も深い絶望の中で、神様は生きて居られる方だということを見せてくださる大切な時間にする。人が出会うことを恐れ、避けてほしいというのが、まさに苦難や絶望だ。生気を全く感じられない乾いた荒野のような人生の過程を迎える時がある。他の代案なしで自分が主人である人生、自分の力だけを頼って生きてきた人々には、そのような時間こそ自分の意志を破って死に追い込む絶望の時間にならざるを得ない。ところが福音を持っている人々には、その時こがそ生きて居られる神様に会う最も大切な機会になる。

韓国教会は様々な面で大きな祝福と成長の中で走ってきた。しかし、今は自他共に認めるほど教会内外で大きな危機に直面している。内部的には霊的な力を失い、自ら心配しなければならず、外部的にも教会を心配しなければならないほどの危機の前に置かれている。福音の能力を持っていて自ら自浄できたり、すべての状況を乗り越えていく実力と力があれば、何の心配もしないだろう!! ところが、自ら自浄する能力が見えず、人生の現場にあまりにも多くの罪悪による恥ずかしい実状が私たちを絶望させる時である。

しかし、歴史上、絶望の度に特に必要なものはなかった。生きて居られる神様に会えばいい。初代教会時代、巨大なローマの圧制の下で狼の群れの中にいる羊のように希望が見えなかったその時、神は使徒ヨハネに、そして教会に直接現れて話してくださった。

韓国教会を新しくできる第一の道は、生きて居られる神様のみ言葉に出会うことだ。他の理論や方法や他のいかなる手段でも教会を新しくすることはできない。神様に会えばいい。教会は派手な理論と多くの関心を奪った色々なことから振り返り、しっかりしなければならない。それはまさに教会の真の主人であり、教会を建てた、生きて居られる神様の呼び掛けを思い出すことだ。

神様は教会をどんな存在に、何のために呼んだのか! これは明らかでなければならない。教会は死んだ伝統や教権勢力による集団ではない。人間文明の産物である宗教ではない。教会は生きて居られる神様の意志とその呼びかけの中でイエス·キリストを通じて建てられた生命共同体だ。真理が生命になって現れた愛、それがまさに教会だ。もう危機の前に立った時、私たちは立ち止まって「私たちが進む道をまっすぐに進んでいるのか! 正しい基礎の上に立っているのか!」これを調べるのが危機の時に私たちがしなければならない最も重要なことだ。 (2018年7月) <続き> [福音祈祷新聞]

キム·ヨンウィ宣教師(巡回宣教師) LOGミッション代表)

<著作権者 ⓒ 手の中の神様の国、真理で世界を開く福音祈祷新聞。 出所を記載して使用してください。>情報提供及びお問い合わせ:gnpnews@gnmedia.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成