イギリス、キリスト教の教育の必要性を認める。

Date

YouGovの調査参加者らの64%が“キリスト教教育が必要”と発表

イギリス世論調査機関YouGovは“子どもたちがイギリスの国史を理解するためには学校でキリスト教を教える必要がある” と答えた人々が1800名の調査参加者ら中、約3分の2の64%に及ぶと発表した。

これについてクリスチャンコンション代表であるエンドレア・ウィリアムズは、“こんなに多くの大衆がキリスト教の学習の必要性を感じていることは印象的”で、今度の調査結果が“イエス様とその方のメッセージを時代遅れた古いものに見る考えとは全く違う”と評価した。

また、イギリスウェールズ宗教教育評議会(RECEW)のジョン・キスト代弁人は“去る数年間の検査結果はこれまで宗教教科の核心であるキリスト教学習が弱まったことを証明し、政府が宗教学習にほとんど手を抜いたところで今日このような結果は非常にやりがいがある”と論評した。

今度の調査は全国の学校がキリスト教を‘イギリス宗教有産の重要な一部分’として正確に教える教科が必要という立場で調査されたものである。

Morepost

神様の国の復興と宣教完成