洪水の前は南極にも木がいっぱいだった

Date

カリフォルニア州にある「国立科学教育センター」の会長であるジニー·スコットは、「米国の中西部に80個のそれぞれ異なる石炭層があり、現在この世に埋蔵されている石炭の量は、現在世界のすべての生物(植物)量をすべて投入しても作れない膨大な量だ」と話した。 その通りだ。 膨大な量の石炭が地球に埋まっている. スコットは続けて「そのすべての炭層を積むには非常に多くの時間が必要だ」と話した。 そこに私は「いいえ、ずばりそこで間違っている」と答えた。

石炭は世界を埋め尽くした洪水の結果

スコットは今の世の中を見ながら、以前もいつもそうだったと推定する。 しかし、現在、地で発見されている石炭は洪水の前の世界を埋めた洪水の結果だ。その時はもっと多くの木があった時だ。

一例として、平方1000マイル(約16km)の石炭が最高200フィート(約61m)の厚さで積まれているモンタナの炭鉱を挙げることができる。おびただしい量の石炭だ。たまに石炭の中から人工遺物が発見される。手で振る鐘、鉄鍋、靴底などが石炭の塊の中で発見された。石炭の生成については、次回に述べることとする。

聖書は野菜と木が’全地面’にあったと話す。今はそうではない。70%の土地が水中にあるため、そこは植物で覆われていない。 神様が創造された時は地球が植物で覆われていた。南極でも’木の葉’を発見した。南極250マイル下で葉を発見したのだ。しかし、現在南極には木がないということを記憶しなければならない。

70%の土地が水面下にある現在の地球で、たった3%だけが人が住めるところだということを知っているのか。多くの部分が砂漠や氷河、ツンドラ、高山地帯など人が住めないところだ。私たちが今見ているものはアダムとハワが見たものではない。聖書では神様が地球を作る時に人が暮らせるように作られたと話す。これが地球を作った理由だ。

人が住める土地は地球で3%だけ

推測してみると、おそらく洪水前には80%程度の土地と20%程度の水だけがあったかもしれない。その時は大洋がなかった。水は地殻の中にあるか頭上のカーテンにあっただろう。洪水の前には木が北極から南極まであった。大気の上の水(創世記1:7)が太陽から来る紫外線やエックス線のような有害なものを遮断してくれたからだろう。

太陽は光以外にも多くのものを作り出す。X線、ガンマ線、ベータ線などは体にとても有害だ。特にレントゲンと慣れているX線は危険だ。太陽が毎日レントゲンを送っていることに多くの人は気づいていない。コンクリートや水がレントゲンを防いでくれているけど毎日数百万個の穴が私たちの肌に今もできている。

洪水の前には900歳以上生きる

しかし、洪水の前にはこのようなことはなかった。聖書は洪水前には人々が900歳以上生きたと話す。おそらくしわもできていないだろう。自分を創造論者だと主張していた一人はこのような話をした。「皆さん、900歳まで生きたわけではありません。彼らが月を1年で計算したのです。旧暦を使いましたが、その数字を12で割らなければなりません」 しかし、それはもっと大きな奇跡だ。 ”エノクが65歳にムドゥセラを産んだ」(創世記5:21)マハラレルを含め聖書の中の2人が65歳の時に子供を産んだが、65を12で割ると5歳半の時に父親になったという話になるためだ。私はそれを信じるのがもっと難しい。本当に彼らは900歳まで生き、体も大きかった。 <続く>[福音祈祷新聞]

本紙は創造論専門家の米ケント·ホーヴィンド博士の創造論講義を要約、紹介する。 ホビンド博士の講義は聖書を中心に神様の創造世界を興味深く説明し、進化論が偽りの信仰体系であることを明快に明らかにしている。 <編集者>

<著作権者 ⓒ手の中の神様の国、真理で世界を開いてくれる福音祈祷新聞>

お問い合わせ:gnpnews@gnmedia.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成