数多い証人たちの告白”生きるためにはこの道を選択せよ!”

Date

コロナ19に反応する私たちの姿から、私たちの実力がそのまま現れた。真の礼拝とは何か、我々の真の信仰とは何か、霊的な権威とは何か、我々の祈りの実力はどうだったのか…。

教会の様子から私の霊的状況がいかにみすぼらしいかが明らかになった。私が信じるというその信仰の実体が何なのかも。’私くらいなら結構いけるじゃない?’ 普遍的基準に自分を照らして安心していた信仰の実情が明らかになった。私が頼りにしてプライドを持ってた自分の安定感の土台が何だったのかがすべて明らかになった。

見える世の中にだまされて生きてきたことは否定できない。信じているお金、他人の認定、評判に縛られて泣き叫んだそのすべての基準になったこの世界が一瞬にして飛んでいける空しいものだということをコロナ19を通じて経験した。

大切だということは知っているが忙しいという理由で、忙しくて祈れず霊的なことを考える暇もなく、忙しく洗練された生活を送ってきた私たちの日常。コロナ19でその日常が止まった今、何が一番心配なのか?何が一番怖いのか?多くの人々が限界にぶつかり、恐ろしい不渡りを経験し、失敗を受け入れなければならない厳しい状況を迎えている。

専門家たちはコロナ以前には戻れないと言う。 彼らは伝染病が世界を完全に変えるだろうし、政治、経済、社会、技術、法、制度、環境などの巨大な変化が起き、変化の衝撃は数十年間続くだろうと言う。

しかし聖書は、今こそ恩恵を受けるべき時であり、今こそ救援の日だと語る(コリント第二6:2)。明日ではなく今日、次ではなく今だと言う。今こそ恩を受けるべき時であり、今こそ救いの日だ。

生きている神様の言葉をひたすら信じて従順にすることが単純で明確な結論だ。 しかし、これを人生の結論として受け入れることができずに二つの心を抱いて混乱してあちこちぶつかる間に人生は過ぎ去ってしまうのだ。結局、振り返る機会もなく滅びる人をどれほど多く見るべきか。信仰なしで生きる人生の終わりを見ながらも、いつ頃になったら神様の真理のお言葉に従順すると結論づけることができるだろうか。まだ結論を出していないなら、雲のように取り囲む証人たちの話を聞け。彼らが一様に叫ぶ言葉がある。

“信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事實を確認することです。昔の人たちは、この信仰のゆえに神に認められました。”(ヘブライ11:1~2)

彼らは’神様がいない’という人生と歴史の真ん中で肉身の本性をさかのぼってただ信仰で神様中心の人生を生きた。私たちと同じ罪人として生まれて永遠の勝利者として生きることができたのは、彼らにとってとても単純で明確な結論があったからだ。 ‘生きている神様をひたすら信仰で永遠に変わらない真理に従順に生きていくこと’だった。 肉体を身につけているが、霊として生きる者たちであり、土を踏み入れて暮らすが、天に属する者だった。雲のように取り囲む数々の証人たちが叫ぶ。”この道しかない! 生きるにはこの道を選択せよ!”(2021年1月)<続く>[福音祈祷新聞]

キム·ヨンの宣教師(巡回宣教師) LOGミッション代表)

<著作権者> ⓒ手の中の神様の国、真理で世界を開く福音祈祷新聞。 出所を記載して使用してください。>情報提供及びお問い合わせ:gnpnews@gnmedia.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成