[TGCコラム]ドン·ルック·アップ

Date

” すべてを軽く扱ってしまう文化に満ちているこの世の中で、私たちはどうやって永遠の福音をきちんと伝えることができるだろうか。 ”

ネットフリックスコメディー映画「ドン·ルック·アップ」(Don’tLookUp)で天文学者ランドール·ミンディ博士(レオナルド·ディカプリオ)と博士課程の学生ケイト·ディビアスキー(ジェニファー·ローレンス)は全人類を破滅に追い込む巨大彗星が地球に向かっていることを発見する。彼らは直ちにホワイトハウスに駆けつけ、ジェニ·オリアン(メリル·ストリップ)大統領にこの事実を知らせる。しかし、彼らの緊迫した警告にもかかわらず、大統領は嘲弄まじりの政治的レトリックで対応する。これにケイトは絶望しながら、もし人類がこの彗星を防ぐために努力しなければ、我々は皆死ぬことになると叫ぶ。しかし大統領は、”通り過ぎる人を捕まえて、あなたが100%死ぬと言ったら納得できるだろうか”とぶっきらぼうに答える。 事実、大統領がこのような態度を見せるのは、この事実が選挙で大統領に不利な問題になりかねないからだ。


ネットフリックス史上2番目に大きな興行を記録しながら始まった映画’ドン·ルック·アップ’は、第94回アカデミー作品賞候補にも選ばれた。 ‘ドンルックアップ’は気候変化と科学不正に対する創意的風刺で批判と賛辞を同時に受けている。政治的には重くて一方的なテーマを扱っているが、アダム·マッケイ監督が演出したこの映画は、今ソーシャルメディアと大衆文化で精神が散漫になり、本当に重要で냐深刻な問題については考えないという現代人の世相をよく見せてくれる。

映画のタイトル’ドン·ルック·アップ’は地球に向かって近づく彗星を意図的に無視しようとする人々の愚かさを皮肉った。ところが、これは今の人々の霊的無関心を示すものでもある。現代人は全く上を向いて神様のことを考えない。たとえこの映画の内容が少し粗雑で青少年観覧不可の判定を受けたが、この風刺的な映画は今の教会と牧師に教訓を与える。最近、あまりにも騒がしく複雑で散漫な文化の中で、私たちが伝えなければならない緊迫したニュースである福音をどのように人々に伝えなければならないのか。

死ぬまで楽しむのに忙しい人々

‘ドン·ルック·アップ’で最も印象的で面白い場面は、ランとケイトが人々を笑わせようとする芸能人(ケイト·ブランチャットとタイラー·ペリー)が出る朝のショー番組’デイリーリップ’に出演する場面だ。このショーに一番先に登場する場面は、大統領のオーリアンが最高裁判長に指名した人のスキャンダルだ。その次には有名女性歌手が登場し、彼氏と仲直りする感動的な場面が演出される。 そうしてからランドルとケイトが出ることができた。彼らは残りわずかな時間内で地球が終わりに迫っている警告をしなければならなかった。彼らはこのショーの明るくて活気に満ちた雰囲気とは全く似合わない重くて暗いニュースを伝えなければならなかった。

放送中、ケイトは冗談をしながら地球に向かっている彗星の知らせをまともに受けていない司会者に絶望する。そしてすごく激怒して”私たちの言葉が難しいですか?私たちが言おうとしていることは地球全体が破壊されるということです”と叫ぶ。すると司会者のブランチャットは”ここでは悪い知らせも軽く扱う”と答える。これにケイトは叫ぶ。 “地球全体が破壊されるという知らせは、面白いといけないんです。怖くて不便でなければならない知らせです!”

結局、ケイトのこのメッセージは大衆にそれほど重要に受け止めて貰えなかった。大衆は地球に向かって近づく彗星や滅亡に関するニュースより芸能人のゴシップに多くの関心を持っていた。ランドルとケイトが叫んだ緊急かつ実存的に重要なニュースに対する大衆の無関心は、今のキリスト教徒にも多くの教訓を与える。今、このように複雑で散漫で分裂した文化の中で、キリスト教徒はどのように福音を伝えることができるだろうか。牧師と伝道者たちは今現代人たちがこの世の散漫な文化の中で無感覚になり、まったく福音を聞こうとしないことを自覚しなければならない。

それでは、私たちは何をすべきか。すべてを軽く扱ってしまう文化に満ちたこの世で、私たちはどうやって永遠の福音をきちんと伝えることができるだろうか。

メディアはメッセージだ

‘ドン·ルック·アップ’でランドルとケイトが真っ先に悟ったのは、政治やエンターテインメントという”メディア”(medium)で彼らの重要なメッセージを伝えるのは危険だという事実だ。いくら重要なメッセージだとしても、それを伝える手段が持っている特性のため、メッセージが変質して毀損される恐れがあるからだ。これは、キリスト教徒が必ず覚えなければならない事実だ。この世の文化が持っている手段と方法と形式に福音を合わせようとすると、福音が持っている超越的真理をまともに伝えることができない。我々はスーパーボウル中継放送に30秒広告を流す企業や選挙に出た政治家のようなやり方でメッセージを伝えてはならない。

福音はこの世にあるいかなるメッセージとも次元が違う。私たちはこれを必ず覚えて福音を伝えなければならない。それでは、私たちはどうやってこのメッセージを伝えなければならないのか。 いくつかのアイデアを提示してみる。

聞く人を不快にさせることを恐れてはならない。 福音は罪を暴露し、審判を叫ぶ。 聞き手に自分の罪を見つめながら悔い改めることを求める。これを楽に感じる人はほとんどいない。しかし、福音の中にあるこの不便なメッセージは福音の核心だ。

福音は治療が優先ではないことを強調しなければならない。福音の主な目的は自己満足を感じさせるものではない。キリストが成し遂げた贖いが永生をもたらすという事実を、しかし、その購いがこの生涯における自己実現や満足に直接つながらないことを、聞き手が受け入れられるように伝えなければならない。

人間は死を避けることができない存在だという事実を聞く人に優しく考えさせ、(私たちが死ぬことは100%確実なことだ)、彼らに地球での短い人生の向こうを見つめながら生きていくよう励まさなければならない。今から1000年が過ぎた後も、私たちを依然として記憶して私たちを愛する人方は永遠の神様、私たちの父だけだ。

ソーシャルメディアを使って福音を伝えるなら、人々が主に上げる政治的なメッセージや娯楽とは明確に区分する必要がある。例えば、人々はインスタグラムに投稿する際に、自分の外見や素敵な光景、人々の注目を引く広告を露出させようとする。しかし、私たちは私たちが伝えようとするメッセージ自体に忠実でなければならない。福音の影響力はこの世の影響力の持つ方式とは違っていなければならない。

遅すぎる前に

‘ドン·ルック·アップ’の最後の場面は驚くほど宗教的だ。彗星の差し迫った衝突を控え、言い換えれば地球の生命が滅絶する直前にランドルはミシガン州に戻ってくる。そして妻に自分の不倫に対する許しを請う。ランドルは妻と仲直りしてから,この映画の主要人物全員と最後の晩餐会を開く。この時は誰もテレビを見ない。携帯電話に夢中になった人もいない。彗星が近づくにつれ、彼らはあまり重要ではないことへの関心を捨て、愛する人々と共にする時間にだけ完全に集中する。

信仰の家庭で養育されたけど信仰を捨てて再び戻ったユル(ティモシー·シャラメ)が、この最後の晩餐の前で祈る。

“天にいる父、全能の主よ、傲慢な私たちがみ恵を求めます。疑い深い私たちを許してください。また、主よこの暗い時期を愛で慰め、何が迫ってきてもあなたの大胆さとして受け入れるようにしてください。アメン”

ユルはこの映画で誰もが忘れていたことを覚えていた。地球の終わりが来る時、私たちには神様以外には何もないのだ。神様だけが私たちの慰めになることができる。神様以外には、私たちに絶望と死を向き合う能力と勇気を与えのができるのは何もない。

ところで、どうやって人々に死が迫る前に永遠を準備させることができるのだろうか。私たちは福音はこの世のソーシャルメディアや娯楽とは根本的に違うという事実を必ず覚えておかなければならない。そして人々に地球の生活がいつか終わるということを知らせなければならない。映画で彗星が近づいてくるというニュースは備えられる時間があったけど私たちの人生が終わる日は準備する間もなく突然訪れる可能性もあるということを知らせなければならない。そのため、いかなる場合にも忘れてはならない許しを教え、この地の暮らしとこの地の向こうの暮らしまで持続できる真の希望を宣布しなければならないのだ。 [福音祈祷新聞]

“福音はこの世にあるいかなるメッセージとも次元が違う。私たちはこれを必ず覚えて福音を伝えなければならない”

イスラエル·スン(IsraelSoong)|現在ウェストミンスター神学校で神学を勉強(MAR)している。 シンガポールにあるRedemptionHillで使役し、ハーバード大学ロースクールで勉強(JD)し、行政学を勉強(MPA)した。

このコラムは改革主義的神学と福音中心的信仰を伝えるために2005年にアメリカで設立されたTheGospelCoalition(福音連合)のコンテンツで、本紙との協約に基づいて掲載されています。www.tgckorea.org

<著作権者ⓒ 手の中の神様の国、真理で世界を開く福音祈祷新聞。>情報提供及びお問い合わせ:gnpnews@gnmedia.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成