[TGCコラム]ウクライナ難民の帰着地になる教会

Date

” 私たちの教会の中の半分がムスリムになるとは,決して想像もしたことがありませんでした。”

ウクライナとルーマニアの国境をなす黒いティザ川

ルーマニアの国境都市シゲトゥマルマチエイ(Sighetu Marmatiei)郊外、ブラックティサー(Black Tisza)川が横切るウクライナ側にキャラバン1台が闇の中に停車している。この車の前照灯に影がちらついている。女の人と子どもと老人たち-ウクライナ戦争を避けて去ってきた家族だ。彼らの脱出はスムーズで非常に慎重だ。車が15キロメートルも長く並んでいる。寒い天気の中ですでに一夜をここで過ごした。これらは安全なシゲト(’シゲトマールマチエイを略してこう呼ぶ)に渡ることを望むだけだ。

彼らは国境を越えさえすれば,援助を受けるキリスト教徒に会うことができるだろう。ルーマニア北部のバプテスト教会とオスン節教会は難民を迎えるために協力している。このようなことは、ウクライナ西部と南部地域との国境を接する国々の検問所でも起きている。

▲ルーマニア教会に難民のために設けられた寝具。 提供: Gabriel Michnea

ユエンによると、ロシアがウクライナに侵攻して2週間も経たずに、少なくとも200万のウクライナ人を含む数ヵ国の国籍の人々が戦争で破壊された国を去った。 そのうち半分以上はポーランドに逃れたが、数十万人は周辺の小さな国々に流れ込んでいる。

このような傾向はさらに加速するものとみえる。ウクライナ南部都市オデッサがロシアの攻撃に備えている中、隣国モルドバはウクライナ国境地帯にウクライナ難民が押し寄せる可能性に備えている。

戦争が続くにつれ,東欧全域の教会はウクライナ難民の支援に力を合わせ始めた。疲れた難民行列のための中間寄着地に生まれ変わったこれらの教会は、食べ物と憩いの場と交通を提供し、救いの希望になっている。

次はモルドバとルーマニアの難民を仕えている現場風景だ。

モルドバ·キシナウ

ウクライナで戦争が勃発すると、モルドバの首都キシナウにあるイマゴデイ(Imago Dei)教会のミハイ·チサリ(Mihai Chisari)牧師は、ウクライナ·オデッサにいた友人宣教師を避難させるためにオデッサに向かった。しかし、国境地域のパランカに到着した時、彼はこの騒ぎの範囲がどの程度なのかにすぐに気づいた。数千人が避難していた。モルドバ政府の手に負えない状況だった。

チサリ牧師はすぐに家に戻り,ライトバンをレンタルした。 彼は人を助けるために2時間運転して,パランカに戻った。この国境地域に初めて到着した人たちは"トルクメニスタン、アゼルバイジャン、イランの人々とオデッサにいた学生と労働者たち"だったとチサリ牧師は言う。チサリは彼らをキシナウに連れて行き,教会の建物の中に避難所を提供して神の愛を分かち合うことができた。"教会が半分がムスリムになるとは、私の人生の中で想像もしていなかったことです。"とチサリ牧師は言う。

初期から彼の教会が多くのウクライナ人に仕えていたわけではない。初めてイマゴデイ教会はナイジェリア、カメルーン、エチオピア、ネパール、インド人留学生に居住を提供した。彼らは一晩か二晩泊まって次の場所に移動し続けた。

今は訪ねてくる人たちは、主にウクライナの女性や子供たちだ。 イマゴデイ教会は彼らに食事や衣服、衛生用品を提供する。建物にシャワー設備がないため、信者たちが一般の家をオープンした。 (30時間を車の中で過ごしていたら、すぐにシャワーを浴びたくなるはずだとチサリ牧師は言う。)

大半の難民は教会に滞在する時間が短く言語上の障壁があるが,イマゴデイ教会は情緒的,霊的な必要を満たそうとしている。教会関係者のうち、子どもを持つ女性は精神的に大きな衝撃を受けている難民家族を訪問する際に子どもを連れて行く。子供たちが礼拝堂で一緒に遊んでいる間、母親たちが集まって祈る。

▲難民の世話をするイマゴデイ教会の信者たち。 提供: Mihai Chisari

これらの教会の信者たちは難民が旅を続けることができるように助けている。この地域の他の教会と協力して避難の途についた異邦人を近くの都市や国のキリスト人と結んでいる。力を合わせた地域の教会が避難経路を組んで物的支援と書類処理を手伝っている。(脱出した奴隷たちに避難経路や安全家屋を提供した19世紀の米国の奴隷解放運動ネットワークとほぼ同じ)

しかし、すべての人が次の場所に行くのではない。ここにとどまる方を選ぶ難民もいる。イマゴデイ教会の難民のための仕えはこの2週間の間にすべてのことを含まれるようになった。現在は礼拝のための翻訳も行っている。多くの言語で書かれた伝道紙も作られた。この伝道紙は戦争の害悪を友人に慎重に知らせる手紙の形式になっている。チサリ牧師は言う。"ここに来る人はみんな心が苦しいです。彼らはロシアは悪党だと確信しています。しかし非常に慎重に彼らに見せようとしているものは、我々は皆このような悪意の問題を抱えており、その問題は我々の罪だという事実です。"

ルーマニア·シゲトゥマルマチエー

戦争が勃発した日曜日の朝、ガブリエル·ミクネア(Gabriel Michnea)牧師は夜に2時間しか眠れず、彼の小さなルーマニア教会の聖徒たちの前に立った。彼は国境を越えて洪水のように押し寄せるウクライナ難民を助けることができるように、聖徒に動機を与えるために神の助けを求める夜をあけて祈った。ガブリエル牧師は聖徒に献身を要請しながらこのように述べた。"今は人々のために、教会の外の人々のために何かをする時です。"

その日の午後、シゲトのイベダニバプテスト教会は行動に出た。男性チームは聖徒の家を訪問して子供用ベッド,マットレス,毛布,タオルを集めた。この教会は地下室を、そして最後は礼拝堂も難民のための憩いの場に変えた。

ベダニ·バプテスト教会が収容した難民120人のうち、一番先に到着した人はウクライナ牧師の妻のボスヤ·ポティアク(Vosya Potiak)だった。ボスヤは妊娠6か月だった。彼女の住む都市クリチョボ(Krychovo)で戦闘が起こった時、彼女はウクライナに残って人々に仕えることと決めた夫を残してその地を去らなければならなかった。そして、ここベダニ教会でボスヤは、同僚難民のための翻訳と奉仕を休まずにしている。

東欧諸国の多くの信者のように,シゲトの教会は難民の受け入れや食べさせることだけに満足していない。難民に給油費を提供し、近くの都市の住居を探し、ブダペストやプラハのような遠い都市への移動を支援している。

つい最近ミクネア牧師はキリスト教徒の兄弟たちと一緒に車でウクライナを訪問した。ルーマニア北部の教会は油,小麦粉,水といった寄付品をトラックで積んで国境を越えて輸送している。彼らは、これらの物品を受け取るウクライナ牧師ネットワークを(秘密場所で)確認した後、ウクライナ·ジャカルパトゥール地域の都市に行って物品を配る仕事を、即ち人道主義的で福音を伝える仕事をしている。

ミクネア牧師は彼の聖徒がこの危機に反応する姿を見て非常に喜んでいる。"私たちの教会の聖徒は本当に生きている石です。"彼らは喜んで助力しようとしている。彼らは祈るために集まる。彼らはキリストとその方の福音を示している。ミクネア牧師はここ2週間、聖徒たちにこう話してきた。"今は我々がこれまで説教してきたことを行動に移す時です。今は、我々が信じる通りに生き、我々が召された通りに善を行うのに完璧な時間です。 "

世の光

無料給食所であれ暖かい寝床であれ、臨時診療所であれ、祈りの家であれ、それとも人生の旅程でしばらく休む所であれ、教会は疲れた難民のための重要な中間寄着地である。それは教会の建物が最高の宿所や最も安全な空間を提供するからではなく、その中に神様が居住する生きた石があるからだ。

キリストの救いと新しい創造の美しさは、彼が助けてくれた人々と、彼の愛で他の人々を救うために使っている人々から現れる。教会が闇の中で光となる使命を果たすことによって、神は救いを与える目的を行っていらっしゃる。ルーマニアのことに戻り、ミハイ·チサリ牧師は、今日の闇の中でも、すでに希望の夜明けを見ている。"私は開放的で好奇心旺盛な人をたくさん見てきました。私は既に神様がどうやって働いていらっしゃるのか見られます。私たちはいつか実を取ることになるでしょう」[福音祈祷新聞]

"今は、我々が信じる通りに生き、我々が召された通りに善を行うのに完璧な時間です。”

エリオット·クラーク(Elliot Clark) | Southern Baptist Theological Seminary(MDiv)を卒業し、中央アジアに住み、多文化教会を開拓した。現在Training Leaders Internationalにおいて海外の教会リーダーたちを訓練している。

このコラムは、改革主義的神学と福音中心的信仰を広めるために2005年にアメリカで設立されたThe Gospel Coalition(福音連合)のコンテンツで、本紙との協約に基づいて掲載されています。 www.tgckorea.org

<著作権者ⓒ手の中の神の国、真理で世界を開く福音祈祷新聞。> 情報提供及びお問い合わせ:gnpnews@gnmedia.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成