“宣教的存在、すなわちお祈りの人生です”

Date

お祈りの座で神様と共にするキム・ミョンファさん(ハミョ教会)

私たちの人生が宣教的存在である事実を悟った者はどんな人生を送るだろうか。 典型的な農村の村である全南(チョンナム)、ムアングン(地名)に位置した教会の牧師の妻であるキム・ミョンファさんは神様の時に自分の人生が宣教的存在であることを悟った。 しかしその悟りはここでとどまらなかった。 宣教的存在は、つまり執り成しの存在、すなわちお祈りの人生を生きることに繋がった。 そして自分を、すべての国の人のために祈る祈りの家である‘すべての国の人々のために祈るお祈りセンター’で捧げた後、神様と深い交わりを交わしている。 その信頼の歩みについて聞いてみた。

– 宣教的存在の言葉の意味は何ですか?

“神様が私たちを造られた目的を正確に知るようになれば、私たちの存在を宣教的使命と切り離すことはできないという事実を知ることになるでしょう。君を通してすべての国の人々が祝福されるだろう。すべての国の人々が祝福される唯一の方法は、神様を知るようになることです。 そんな私たちは祝福の管ということです。”

– ということは宣教的存在の言葉の意味は、私たちは皆、宣教師ということでしょうか?

“広く見ればすべてのキリスト者は事実宣教的存在としての宣教師にならざるを得ないと思います。ところが私たちの考えの幅が広げられるまでには時間が必要です。 私の場合もそうです。しかし、私が宣教現場に行く宣教師になるかも知れないと思うようになってからは心が楽ではありませんでした。 宣教師になれば殉教しそうな漠然とした恐れと貧しくて、着られなくて、食べられなくなる苦しい人生が嫌いだったからです。”

– 多くの信徒が宣教に対してそのような恐れを持っていて、実際そうだと言っています。

“ある日、両手を合わせて切に祈っている自分の姿が写っている写真を偶然に見つけました。 その時その写真を通して宣教師で献身する心を与えられました。そしてある宣教団体訓練過程で宣教師として献身を告白する時間に従順する心で、がたがた震える心で決断しながら立ち上がりました。 そのように決断した以後、私の呼吸さえ神様の御手にあるという告白と共に宣教師に対する恐れは消えました。

現在は私の努力で宣教師になるのではなく、神様がその人生に導いてくださると信じます。 そして現在この場で宣教的な人生に従順にする心が先だにということを気づきました。.”

福音の前で私が宣教的存在であることを確認

– その後、神様がどのように導いてくださったか知りたいですね。

“総体的な十字架福音の前に立った以後、まずは自分が宣教的存在という事実を悟ったことだけでも大きな喜びでした。しかし神様はその程度で私たちを放っておかなかったのです。 より一層神様を知るように、神様と交わるようにお祈りの恵みを降り注いでくださいました。”

– 最近のお祈りの生活について分かち合ってください。

“キリスト教のお家庭に生まれたこともあり、いつもお祈りをして来ました。早天や夜など、隙間を見つけては神様との交わりを楽しみました。いつもお祈りをする習慣があったと思います。

ところが22歳神学生の時に早く結婚をしましたが、離婚を考えるほどお互い合わなくて辛かったです。その時私の祈りの課題はただ神様に平安を与えてくださいと願うばかりでした。旦那との関係で苦しくなると、いつも神様に泣きながら掻き口説くことが日常でした。振り返ってみると、お祈りは沢山したかのように見えますが、お祈りの内容はすべて自分の必要を満たすための問題解決と願いが叶えられるようにと、この程度のお祈りでした。”

– そのお祈りの内容に変化はありましたか?

“福音の前に立ってからは、自分のためにお祈りができなくなりました。しかし、本来神様が望む神の国と義を求めるお祈りも難しかったのです。口からお祈りができませんでした。いわゆる‘お祈りのパニック状態’が起きたのです。しかし、その宣教団体の執り成し祈り学校に参加しながら祈りするようになりました。特に聖書を読み、黙想した御言葉でお祈りすることは、御言葉の約束を成就する神様を実際体験する時間でありました。”

– どのようにして神の国と義を求めていますか?

“執り成し祈りの学校でお祈り24365を紹介されました。はじめはとうてい意欲がわきませんでした。 一日に1時間ずつ、神様がまた来られるその日まで絶えずお祈りができるのだろうか?とてもできそうになかったです。 やると言ってからにはやらないと良心に嘘をつくようで決断できませんでした。祈りの情報も重く難しく感じました。

しかし、またも眠気に負けてしまいました。自分のために祈るなら夜更かしでもできますが、何も感じられないこの祈りはただ眠いだけでした。後ほどにはそのまま睡眠に任せてしまう状況になりました。”

– それでもお祈りに対する決断を諦めてないですね。

“そうです。神様は新しいチャンスをくださいました。 2009年に私どもの教会で「お祈り24365」教会チームで参加することになりました。 そして教会自主的に24時間お祈りができるように時間帯別にお祈りの見張りを立てました。 そして私は残った時間帯である午前10時と午後5時、この時間帯を担当しました。この時間は最も活動する時間帯であるためにお祈り時間を守ることが容易でなかったですが、それなりにうまくやっていると思いました。

ところで夫である牧師様は、私たちの教会が24時間365日休まないで祈るすべての国の人々のために祈りをするセンターの役割をすると御話された時には快く受け入れることはできませんでした。私の心にはこのような考えがあったからです。すべての国の人々のために祈りをするセンターを始めると、またも自分一人でお祈りをしなければならないことが目に見えたからです。くやしい気がしながら‘そのようなお祈りのセンターなど私にはできない!’という思いが生じました。

‘お祈りの座で死にたい。’‘お祈りの捧げ物になりたい’と言っていた私に神様は ‘君はお祈りを嫌う存在だ’と結論を下してくださいました。以前はあらゆる言い訳をしながらお祈り時間を避けましたが、もうこれ以上言い訳をしないで信仰を与えてくださいと祈りの時だと思いました。これをきっかけで「お祈り24365」の場はもっと硬くなりました。”

– すべての国の人々のためにお祈りするお祈りのセンターに対するビジョンはどうなりましたか?

“すべての国の人々のためにお祈りする祈りセンターに対するビジョンは、私どもの教会が休まず一週間ずつ祈るネヘミヤ52祈りを続けて参加しながら抱くことになりました。初めには多くの信徒たちは沢山の恵みをいただきましたが、この祈りを続けていると、負担を感じた人々は一人二人ずつ抜けて行きました。そうしているうちに24時間365日続けて私の必要ではなく、神の国と義を求めるビジョンは薄れていきました。そのような危機状況で神様は仰せられました。“君がすべての国の人々のためにお祈りする祈りのセンターになれば良い。”と仰せられました。一粒の種が地に落ちて死ぬことで多くの実を結ぶとおっしゃったのではないですか。私がその一粒の種にならなければならないことを信じるようになりました。私が先に教会の中でお祈りの捧げ物として、一粒の種で死ぬ時にその実でまたお祈りの座が豊かになることを信じます。私一人でお祈りセンターで満足するのではなく、家族とすべての信徒たちと、すべての教会がこの光栄を共に見るように祈ります。 私を跳び越えなければならないです。”

私が先に教会で祈りのいけにえを捧げないと…

– 現在も教会では24時間祈るセンターが稼動していますか?

“はい、現在も24時間稼働しています。私の場合、「お祈り24365」お祈り時間である午前10時と午後5時にお祈りをしながら、その時間帯の前後何時間ずつ教会の祈祷室で祈っています。ある時には夕方もお祈りの座を守ったりします。しかし、生活のなかで祈りの時間を守らないこともしばしばあります。肉体的に疲れることも事実です。

最近サイパンに行ってきました。そこにすべての国の人々のためにお祈りするお祈りのセンターを運営している教会があります。彼らと交わりながら忙しい中でもお祈りのセンターに進み出て祈る姿を見聞きしながら、神様の心が与えられ涙がこぼれました。これを機により一層お祈りに励みました。”

– お祈り生活をしながら味わった恵みを分かち合ってください。

“祈ればするほど神様が私をどれほど望んでおられるか、もっと交わりをしたいということに気付かされます。すべての国の人々を回復させるために私のお祈りを用いてくださることも事実ですが、その管として私を作り変えてくださいました。

私は寒さに弱くて睡眠も多い方ですが、神様はそんな私に‘寒い冬、深夜にもお祈りができるか?’と尋ねられました。しかしそれは簡単ではありませんでした。恐ろしくて出来ないと思いました。私の本音は暖かい布団の中で寝ることでが、しかしお祈りの座に出るように導いてくださる方は神様でした。

お祈りを通して神様をもっと知っていくようです。何時間祈ったかが大事ではなく、ただ常に主を知っていく時間を共にしながらもっと祈りの座に進み出ています。”

– お祈りの課題があれば教えてください。

“以前は神の国と義について無関係の人生を生きてきました。‘神様にすべての国の人々の為に祈れば与えてくださる’と御言葉の約束が本当に成し遂げられるといいですね。この地の魂と教会のために祈る時に天の父なる心で、お祈りの座で神様が示してくださるその栄光を見ることがお祈り課題です。”

J.S

Morepost

神様の国の復興と宣教完成