アポリュミ (άπουλλι), 弟子道のクライマックス

Date

ヘブライ語で出会う福音書(11)

ルガの福音書9章23節は24節と繋がっており、24節で弟子道の最高の絶頂をなす。イエスは皆に言われた。“わたしについて来たい者は,自分を捨て、毎日自分の十字架を背負って,わたしに従いなさい。”とピリオドを打ち、新しい文章が始まるのではない。

続いて“私に従い”の後、重要なことは“自分の命を救いたいと思う 者は,それを 失うが,わたしのために命を失う者は,それを救うのである。”と述べなければならない。

ヘラ語の言葉遊び(word-play)を通じて、“自分を捨てるー十字架を背負う-主に従う-自分の命を失う”、この4つの単語が合わせて救いに至るというイエス様の言葉になる。これはヘラ語の最初のアルファベットである”アルファ”(α)で始まる3つの単語が結合して作られたが、本当に不思議で驚くべきことだ。

“ἀρνέομαι”(アルネオマイ=自分を捨てる)、“αἴρω σταυρός”(アイロス=十字架を負う)、“ἀκολουθέω”(アコロールテオ=従順して最後まで神様に従う)、弟子道の頂点である”αοποιιι”(アポールリミー命を失う)に至ることになる。

弟子道の頂点は自分をこの世で徹底的に憎み破壊し、自分に対しては何も残さないことを意味する。

この地で‘私’という病んだ自我(ego)に対して空中分解させてしまうのだ。このように4つの単語を合わせると(シグマ、Σ=合算)、”Σ́ωω”(ソゾ=救う!)、そうすることで救いが得られるということになる。 これが聖書が語る福音である。このような福音が講壇で大胆かつ当然に宣布されなければならない。

そうして初めて神様の前で私たちの魂が震えるようになる(エペソ6:19-20)。“わたしが 顧みるのは苦しむ人,靈の砕かれた人、わたしの言葉におののく人”(イザヤ66:2)

私たちは神様の御言葉を徹底的に塞いでいる自我を徹底的に憎まなければならない。福音は最も嫌悪でいやらしい自己への徹底的な憎悪を求める。

この自己嫌悪は神様の国に入るまで続けられなければならない。実際、自分を捨てる(ἀρνέομαι)というヘラ語の単語の意味は‘交際を拒否する’ということである。

真にキリストの弟子になって罪を許されて永生を得て神様の国に入ることを望むなら、これ以上自分自身と交際して付き合うことを“駄目!”と拒否しなければならない。病んだ自我と交際してそこに取り付いて得られるものは何もない。

罪である自我に対しては身震いをして、これ以上何の関係も結んではならない。決断しよう!そしていつも神様の御言葉に耳を傾け、無条件に言葉に従おう!そして、何事があっても御言葉の前にうつぶせにならなければならない。

自分を捨てるのは自分自身だけでなく家族も含まれている。そこで、主はルカの福音書9章23-24節の言葉が抽象的にならないように具体的に述べた。“自分の家族の者が敵となる…。(中略)…また, 自分の 十字架を 擔ってわたしに從わない者は、わたしにふさわしくない。自分の命を得ようとする者はそれを 失い、わたしのために 命を失う者はかえってそれを得るのである。”(マタイ10:36-39)

[GNPNEWS]

キム·ミョンホ教授(福音祈祷神学研究所)
筆者はイスラエルで旧約を専攻し、ヘブライ語が神様の心を込めた言語であることを悟り、現在聖書言語学校を通じて信仰の世代を築くことに全力を傾けている。

Morepost

神様の国の復興と宣教完成