サウディ、キリスト教迫害にもかかわらず改宗者増加

Date

-サウディアラビアはキリスト教迫害国14位に該当する。

イスラムのスニ派国家サウディアラビアでキリスト教迫害にもかかわらず、現地人たちがキリスト教へと改宗していて、またオンラインで信仰的養育をうけていると英国クリスチャントデイが5月30日報道した。

迫害監視団体であるオプンドーア宣教会によると、アウディには約140万人のクリスチャンが住んでいて彼らの大多数は国外居住者とか移民労働者たちである。しかしアウディ現地人たちもキリスト教へと改宗していた。

オプンドーアはオンラインの弟子訓練課程を通してキリスト教を学んで改宗した後、秘密にして信仰生活をしているムハマド(仮名)を支援していた。彼は前もって他の中東国家のクリスチャンたちと連絡をとって、1週間間そこにいて初めて教会に通って聖書勉強をした。

数日後、彼はイエス様は誰なのかという質問に‛彼は私の救い主’と答えて洗礼を受けてから聖書をもってサウディアラビアへ戻った。彼は他のクリスチャンたちを全然知らないが、サウディでオンラインを通して持続的に支援を受けている。

しかしサウディアラビアはイスラム国家であり、イスラム律法であるシャリアを基盤に司法体系を持っている。サウディ法廷は背教に対して死刑を含めた厳しくて物理的な処罰をくだしていて、非ムスリムたちのための礼拝は禁止している。

アメリカ国際自由宗教委員会(United States Commission on International Religious Freedom,USCIRF)によると、サウディアラビアはイスラム出ない他の宗教に対して公的な表現さえも禁止ている。政府はイスラムに対しての意見、背教、神聖冒涜を理由に人たちを告訴したり、投獄したり、鞭をうつ。また宗教自由に対してとんでもない容疑を体系的、持続的に課せている。

サウディ政府は宗教とか信念の自由と関連した政策および執行において改善された場面もあるが、スニ派のイスラム解析と一致しない形態の宗教的表現は厳格に制限している。

Morepost

神様の国の復興と宣教完成