ラオス、村の住民たちがクリスチャンのお家に火をつける

Date

オスの地域で村の住民たちが、福音を伝えて礼拝をささげるとの理由でクリスチャンのお家に火をつけて村を離れるようにと脅威していた。

現地の通信によると、タペンの村の住民たちがパチョイというクリスチャンの改宗後礼拝をささげるのを嫌っていて彼がお家から出ていた時にお家に火をつけた。

いままでいろんな脅迫していた村の住民たちは、今回彼のすべての財産と家財を焼いてしまって村から出て行くことを要求している。彼らはパチョイを通してイエス様を信じる親戚たちも共に村を出て行くことを強要している。

村の初の信者であるパチョイは現在隣村のキリスト教の指導者のお家に住んでいて、聖徒たちの協力を得てご家族が住めるお家を建築している。[GNPNEWS]

Morepost

神様の国の復興と宣教完成