主がすでに勝利した戦争を終えるところ、ウォールム

Date

ドラマ | 米国 | アレックス・カンドリ | | 2015

ウォールム(War Room)は状況を指揮して搭載する場所である。切迫している戦闘の状況をおいて分析して勝利できる戦闘戦略を計画する。戦闘の勝敗はここで左右されるといっても過言ではない。映画ウォールムを通して霊的戦争の戦闘指揮搭載室を経験した。

映画ウォールムの主人公は共働きである夫婦、トニとエリザベトである。夫のトニは高価のサラリーをもらっている成功街道を走っている医薬品の販売者であって、妻のエリザベトは不動産屋で働いてかわいい娘ダニエルとともにいい邸宅で豊かな生活を過ごした。

しかしその過程の実状は表とは違っていた。トニは頻繁な出張で家族と時間をすごしていなかったし、エリザベトも自分の仕事におぼれてダニエルと深い関係ができなかった。

トニが長い出張から帰ってくると夫婦は喧嘩して家中は戦争地になった。エリザベトは自分がダニエルをよくわかっていると思っていたが、ダニエルの学校生活に対して知っていることがないという事実に直面して胸を裂かれる苦痛を経験した。この家庭は破鏡に向けて走っていた。

ある日エリザベトは家を売ろうとするお客さん、クララに出会った。クララは悲しそうなエリザベトの魂に関心をもった。エリザベトは自分の悩みをクララに話していて、クララは自分の衣装ダンスを改造して作った祈祷室を見せてくれた。それがワルムだった。クララはそこでエリザベトのために祈っていた。エリザベトはお家に帰ってウォールムを作って祈り始めた。

エリザベトの祈祷が始まると状況は危機にぶつかった。成功街道を歩んでいたトニは自分の横領事実が会社にばれて解雇された。それに結婚生活まであきらめようとしていたトニはすべてが崩れる自分自身に直面した。

そのときクララはワルムで涙の祈祷をささげていた。結局トニは悔い改めることを決心した。社長にいって横領していた会社の薬品を返して罪の代価を払うと告白した。トニの家庭は大変さを克服して再び平和が訪れた。

後に社長はトニを訪問した。‘私はあなたがどうして私にきて誰のしなかった自分の罪を告白したのか考えてみたよ。それはあなたが悔い改めたからだと気づいた。’これを見ていたトニの妻は主の恵みだといった。許されない罪人がどんな代価も支払わず許しをいただけることは神様の御めぐみによることである。

この映画は私たちの人生が霊的戦争であることを見せている。しかしこの戦争では戦略が必要である。その戦略は祈祷の場で決定されて私たちの勝敗はお祈りの場でかかっていることである。私がこの映画をみるころは私たちの世代の世界福音に対してのビジョンを抱いて祈っていた。

この映画の終わりにクララが再び登場した。彼女はワルムで祈った。‘信仰の働き者たちよ、起きよう’アメリカ全域で祈っている人たちが目に浮かんだ。

映画は歴代記下7章14節で終わりを告げた。‘私の名で召されている私の民が彼らの罪の道から離れて自ら低くなって祈って私の顔を見上げ求めると、私は天から聞いて彼らの罪を許して彼らの地を直すであろう’ 主よ、早く来てください。マラナタ![GNPNEWS]

ジョン・ハクジョン教育宣教師

Morepost

神様の国の復興と宣教完成