謙遜と切実さをもって

Date

バウルは膝をまずいて祈った。彼は祈るとき、膝をまずいていた。なぜならば膝をまずくのは、謙遜なお祈りを捧げるときに適した姿勢であるからだ。

全能なる神様の前で祈るとき、膝をまずくのは謙遜と切実さを表す。

膝をまずくのは、神様の前で人間が、救い主の前で罪人が、施惠者の前で受惠者が当然取るべき姿勢である。

バウルは膝をまずいて祈った。彼は祈るとき、膝をまずいていた。なぜならば膝をまずくのは、謙遜なお祈りを捧げるときに適した姿勢であるからだ。

全能なる神様の前で祈るとき、膝をまずくのは謙遜と切実さを表す。

膝をまずくのは、神様の前で人間が、救い主の前で罪人が、施惠者の前で受惠者が当然取るべき姿勢である。

バウルの信仰はバウルがイエス様に会って、三日間何も見えなくて食べられなく、飲めないで祈る苦しい状況の中で生まれた。その時彼は清い力を得て、その力は彼が永遠の城の門に着くまで決して弱くならなかった。

休まず祈る道によって開かれた彼の霊的歩みと敬虔な体験は、彼を霊的巨峰として作り上げて、最高の霊的な実を結ぶようにした。

-E.M バウンズのお祈りの強者(2013),

休まず祈る道によって開かれた彼の霊的歩みと敬虔な体験は、彼を霊的巨峰として作り上げて、最高の霊的な実を結ぶようにした。

-E.M バウンズのお祈りの強者(2013),

Morepost

神様の国の復興と宣教完成