お祈りで世界を一周させてくださった主を賛美します。

Date

私は10年前に、完全な主の恵みで総体的な福音の前に招かれました。一度も放蕩息子だと思った事のない私が、まさに放蕩息子である事を知らせてくださって、既に私が十字架でイエス様と共に死んだ事実に初めて目が覚めました。

神の愛を知るようになると、その神をもっと知りたくなって、6ヶ月課程の宣教官学校に直ちに登録しました。週一回参席する宣教官学校で宣教の歴史を始め、多様な内容を学びながら、神の国、神の御心を知るようになりました。

福音の栄光に永遠に取り付かれているような時間は、初めてのビジョントリップを通してこなこなに砕けました。わずか3週間の共同体生活は、王様になりたがる自分のエゴのせいで辛かったです。

そのようにビジョントリップをやっと終えて来た後、主に捧げた真の献身と、これまでのすべての決断はうやむやになりました。それから4年間、サタンはあらゆる否定的な語りかけと罪定めの声で私を崩しました。ついに、この世の中の60億の人口は皆、神に使われても、こんなに福音の前でまごついている私は完全に捨てられた者だと言うとんでもない嘘の囁きに陥りました。

そんなにどん底から抜け出られなかった私に、主は再び手を出して下さいました。2008年12月お祈り24365完走礼拝に主の体の一部である兄弟に勧められて無理やりに出席する事になりました。主の名を呼ぶ力もなく、崩された心霊そのままそこに死体のようにただ座っていました。

しかし、お祈りをするその席に上から注いでくださる驚きの恵みが臨みました。聖霊の強力な臨みにより突然罪である私の存在を悟り、主に心を尽くして悔い改める驚くべきの事が起きました。福音の能力が実際になったのです。

完走の礼拝の後から主は本格的に仕事を始まりました。信じられないほどにお祈りをしたいと言う感動に追われ堪りませんでした。その心を抑えきれずに寝坊の私が生まれて初めて夜明けの礼拝を捧げるようになり、祈りの感動は日々重なるばかりでした。友達と青年部の妹にこのようなお祈りの負担について交わしたら彼らはあまりにも簡単に“そしたら祈って~私たちも共にするよ”と言って下さいました。

2,3人集まったのがサインになって、何週間の準備期間を持って2009年4月既に準備したように火曜諸国お祈りに主が招いた人々が集まりました。また、お祈り会を始める最初のメンバー達は当時インチョンのシンドにあった諸国お祈りセンターを訪ねて神の御心を頂く時間を持ちました。

そのように何年が経って、状況がいくら騒いでもお祈りで結論を出した場所に留まって居たら、珍しい事に乾いていた私の心に神の御心がよりもっと注がれました。これは信仰を使ってやっとの思いでやり遂げる程度の祈りじゃなく、初めて知った国も神のお国の回復を熱心に夢見ながら涙で祈る時が多くなりました。隣の人どころか自分の為の祈りすら漠然と思っていた私が名前も馴染まない諸国を抱くとは驚きの事でした。

どのように祈れば良いのか漠然な時間もありましたが、主が準備して下さったネヘミヤ52お祈り情報本と、時々下さるお祈り資料集、また、世界お祈り情報を持ってお祈りの協力者であるソンハナ姉妹と一緒に祈り続けてきました。中国、インドネシア、インドに至る巨大な諸国を一人で祈ってたらもっと困難であっただろうに、一緒に祈る事ができて遥かに容易に進めることが出来ました。

今回2014お祈り24365完走の礼拝を私はどんな時よりも特別に楽しみにして待っています。毎回完走の礼拝の度に‘来年は本当に完走して来ます。’と念押しをしましたが、いつも崩れて、子供が出来てからは本当に崩れるしかないお祈りの時間でした。

ですが、3年前のある日、主は私にこれまで一度も夢見る事がなかった新しい夢を持たせて下さいました。それは、あらゆる国をお祈りで回ってから主に会う事です。世界一周をお祈りで突破する母親になるようにして下さった主を賛美します。

3年前に夢見てたその夢が実際に叶う時が来ました。子供の母親である私が祈るための時間をとるのは容易ではないので予定より長引きしましたが、ついに高地が迫ってまいりました。主がやり遂げました。さらにすべての未伝道種族を一回でもお祈りで突破したいと言う夢も持たせて下さいました。

 主に捧げる貴重な香油が入ってある石膏のつぼはありませんが、私を砕いて順従するお祈り24365のそこで主に私を捧げたいと思います。3回も主を知らないと否定して逃げたベテロのような私を呼んで下さった主に面目ないですが私の愛を告白せざるを得ません。主よ、愛しています。 [GNPNEWS]

チョンヒラ(27チーム、午後10時祈祷者)

Morepost

神様の国の復興と宣教完成