英国の神学校の卒業生、教会の開拓が相次ぐ

Date

神学校の卒業生たち、ロンドンの学校の教室で教会を開拓

英国の教会が没落の危機にあるという便りが相次いでいるが、相変わらず神様の国は随順する者たちによって前進している。

英国でヨーロッパの再福音化の為に教会開拓の奉仕を仕えているチェ・ジョンサン宣教師は最近、英国人の神学校の卒業生たちがロンドンの東部地域で高等学校の教室を借りて開拓するなど少数であるが主の身である教会が建てられていると最近、伝えてきた。

チェ宣教師が仕えているアムノス宣教会で建てたアムノス教会開拓学校の卒業生たちが今年の下半期に4つの教会を開拓した。彼によると、この学校の卒業生の中でこれまで5名が英国のあちこちで教会を開拓、英国の福音化の為に霊的な指導者として活動している。

チェ宣教師は「現在、母教会で教徒を派遣したり財政支援を約束していない状況でも卒業生たちがただ御言葉をつかみ信仰と従順で教会を建てている」と言った。

一方、この神学校の卒業生、アンマリーは「アムノスで主が私の人生を変えさせてくださり、これまで地べたに寝転んでいた石が光彩が出る宝石へと生まれ変わった」と言った。

アムノスは神様の子羊を意味するギリシャ語で、神様を知り、またこの方を知らせる奉仕に力を入れヨーロッパの再福音化の為に牧会者を養成している。〔GNPNEWS〕

Morepost

神様の国の復興と宣教完成