[キム・ボム コラム] 傷が愛に出会って

Date

1ヶ月前、満期の妊婦がシェルターを訪れました。彼女の年齢はわずか18歳。長い間道をさまよっていた貧しい旅人のように、簡単には取れない疲れが彼女を覆っていました。

彼女に子どもができた日、子どもの父親は去り、家族は彼女を無視しました。捨てられ無視された若い母親は、妊娠した体でここそこに身を寄せなければなりませんでしたが、どこでも歓迎されませんでした。お腹がどんどん大きくなる中、行くところを失った彼女は、誰かから未婚の母親のためのシェルターがあると聞いて訪れたのです。

ようやく足を伸ばしてお腹の子と一緒に過ごせる場所ができた彼女は、1ヶ月で子どもを産みました。数ヶ月心身共に苦労した母親から生まれた新生児が本当に健康な赤ちゃんでした。誰からも祝福されなかった妊娠でしたが、神の愛が祝福の誕生にしてくれました。

毎日3食、肉たっぷりのわかめスープを食べながら産後のケアを受けている彼女は、体調が整ったら自立のための技術を学び、共同体と共に礼拝をし、福音を聞くことになるでしょう。

シェルターは、一寸先も見えない暗闇のようだった彼女の人生に一筋の光を与えてくれました。その一筋の光は、人生のシェルターである真理の光、イエス様に彼女を導いてくれるでしょう。そう信じて希望を持って、母親になった若い彼女を祝福しました。

1年前、タンザニアのキリマンジャロ山麓の村に保護されない未婚の母親のためのシェルターを建設しましたが、数ヶ月経っても訪れる人がいませんでした。私たちの期待とは裏腹に、イスラム教徒の未婚の母親とその家族は入所をためらっていました。私たちと共に暮らすためには、キリスト教式の礼拝を行い、コーランではなく聖書を読む必要があり、私たちが彼らの宗教であるイスラム教を認めないからです。

キリスト教徒になることを恐れた彼らは、路上で子どもを産むことはあっても、私たちの助けを受け入れようとしませんでした。シェルターが建設されれば、助けを必要とする多くの未婚の母親が訪れると期待していた私は当惑しました。シェルターがイエス・キリストの福音と愛を伝える前哨基地であり、生命の拠点になると思っていたのに。

結局、私が韓国に戻る日まで、誰もシェルターを訪れることはありませんでした。もちろん、神の時に神の方法でシェルターが必要な人々を送ってくださると信じていましたが、その時がこんなに早く来るとは思いませんでした。

帰国して間もなく、教会の信徒が若い姉妹と一緒にホームレスの若い母親をシェルターに連れて来たという知らせが伝えられました。読み書きもできず、数字も知らない幼い知能の彼女が、どうして幼い姉妹と一緒にホームレスになったのか詳しい事情は分かりませんでしたが、適切な治療を受けられず腐っていく足の傷が彼女の事情を代弁しているようでした。

その傷ついた身体と心がシェルターで愛に出会い、回復中です。傷を癒した愛は、彼女のように闇の中にいる誰かに福音の光を与えるでしょう。

私の人生も同様でした。昔、私も彼女たちのように一寸先も見えない暗い道に立っていた未婚の母親でした。韓国にある多くの未婚の母親センターの助けを借りたかったのですが、彼らの助けを受けるためには養子縁組が条件でした。子どもを育てようとする未婚の母親を助けてくれる未婚母センターはどこにもありませんでした。

自分の子どもの母親になりたかった私は、子どもを育てるという理由でさらに行くところがなくなった未婚の母親になりました。一歩も動けなかった暗闇の中で、ようやく見つけた一筋の光が修道院が運営するセンターでした。

当時、神を知らず信じていなかった私は、彼女たちが見せてくれた全身全霊の献身と配慮と愛で、イエスが誰なのか少しは知ることができました。

私の人生の夜に愛の星が昇る時間でした。

そのようにして生まれた子どもは、後に私を伝道した私の伝道者となり、神を知るための通路でありメッセンジャーとなりました。

子どもと私の生活を肯定する人は誰もいませんでした。私自身もそうでした。母親になるには若く貧しく、どんな保護もありませんでした。世界があまりにも残酷であることを知ってしまった傷でボロボロの人生でした。

彼女たちのように誰も私の妊娠を祝福しませんでした。しかし、結局子どもは私の人生に許された神の一手でした。父親なしで生まれた子どもは、神が私の父親だと私に自分の父親を紹介してくれました。そのようにして神は、世間が捨てたと思われた私と子どもの人生をロイヤルストレートフラッシュのような大成功にしてくださったのです。結局、神の愛に出会い、祝福の誕生となりました。

イエス様の愛に出会い、福音の光となった私の傷は、誰かの傷を癒し、私の中にあるイエス様の愛を流し出す力を与えてくれました。

世の中に傷のない魂がどこにあるでしょうか?しかし、多くの傷が福音に出会い、愛となり、また他の傷が福音の光となることができる通路となりました。それが私たちに傷を許された神の愛なのでしょう。

7月に再びタンザニアに向かいます。イエスを知らず、福音を聞かずに癒されない傷を負ったまま生きている人々に、私の傷を癒してくれたイエス・キリストの愛を伝えるために再び歩み出します。

イエス・キリストの愛だけで癒されるその傷は、福音の光となって暗黒の大地を照らすでしょう。神がそのようにされるでしょう。 [福音祈祷新聞]

<著作権者ⓒ手の中の神の国、真理で世界を開いてくれる福音祈りの新聞。 ソースを記載して使用してください。>情報とお問い合わせ:gpnews@kakao.com

Morepost

神様の国の復興と宣教完成