アフガン戦争からの教訓…目的は手段を正当化することはできない

Date

2021年に米軍が急遽撤退し、米国-アフガニスタン戦争は終結したが、米国メディアによるアフガニスタン追跡は依然として進行中である。米国のニューヨークタイムズは先月22日、「アフガニスタン戦争の隠された真実」というタイトルで、米国の補助者であったある戦争英雄を照らし出す、9000字に及ぶ長文の企画記事を通じてアフガン戦争での米国の役割を照らし出した。このメディアはこの記事を通じて、彼が実質的に「米国の怪物」であり、このような選択がタリバンに対抗して戦ったアフガン政府とこれに協力した米国に対して、皮肉にもアフガンの人々を背を向けさせたと主張した。

これに対し、キリスト教評論家ライアン・デニソン博士は、目的がどんなに善であっても手段と方法が不正であるならば、それを正当化することは難しいと述べ、この事例はキリスト教徒にとって重要な教訓を投げかけていると話した。デニソンフォーラムに掲載された彼のコラムを要約・紹介する。

アフガニスタン軍の将軍であり、カンダハールの元警察署長であるアブドゥル・ラジク・アチャクザイ(Abdul Raziq Achakzai)が2018年にタリバンによって殺害されたとき、多くのアメリカ人は彼の死がアフガニスタン戦争にどのような影響を与えるかを懸念した。汚職、殺人、暴力的な抑圧に関する噂と疑惑があったが、当時はテロとの戦いでアブドゥル・ラジクの役割が優先された。

しかし、その後数年間で、ラジクが権力を握っていた間に犯した残虐行為に関するより多くの事実が明らかになった。

最近、ニューヨークタイムズに掲載された記事で、アザム・アハメド(Azam Ahmed)とマシュー・エイキンス(Matthieu Aikins)記者は、5万件以上の手書きの陳情書をレビューし、2200件の失踪疑惑事件を詳細に調査し、ラジクによって犠牲になった人々の家族と数多くの会話を交わした。

彼らの報告書は、与野党のアメリカの指導者たちがアフガニスタン戦争にアプローチする方法に対して強い批判を提示し、「アメリカの怪物」としてラジクを呼んだことが妥当であったことを明確に示した。特に、アメリカの指導者たちの正当性に関連する彼らの研究結果は、今日の私たち全員に強力な警告を投げかけている。

「選択の余地がないと思った」

アブドゥル・ラジクは、パキスタン国境近くのアチャクザイ部族の一員として育った。子供の頃、彼の父親はヌルザイ部族によって殺害された。ヌルザイ部族はタリバンを支援することになる。その後、戦争中にタリバンは彼の叔父を殺害し、遺体を戦車のバレルに吊るした。その結果、2001年に米国のアフガン侵攻が始まったとき、ラジクの米国への忠誠心は明確になった。

2010年までに、ラジクは熾烈で有能な戦士としての名声を得て、タリバンに対して一貫して勝利を収めた数少ない戦士の一人として挙げられた。2011年にカンダハールの警察署長が暗殺されたとき、ラジクがその地位を引き継いだ。その頃には既に、殺人、汚職、拷問に関する噂と非難、そして彼に対する死刑執行に関する噂が広がり始めていた。

アフガニスタンでしばらくラジクと共に働いていた国務省のヘンリー・エンシャー(Henry Ensher)は、「時々ラジクに人権侵害の疑いについて尋ねたが、その答えを聞いたとき、『私たちが戦争犯罪に関与していないことを願う』と考えた」と説明した。彼は続けて「私たちは自分たちが何をしているかを知っていたが、選択の余地がないと思っていた」と語った。

アーメッドとエイキンス記者は、「タイム誌とインタビューしたほとんどのアメリカの指導者たちは、ラジクが反乱の中心地でタリバンを撃退できる唯一のパートナーと見なされていた」と付け加えた。

しかし、ラジクの方法が一時的には効果的だったかもしれないが、最終的には彼の方法が彼の支配下にあった多くの村や部族をアフガン政府とアメリカ占領軍に反対するように仕向ける大きな役割を果たした。

ラジクの部隊の一員に誘拐された兄を持つファズル・ラーマン(Fazul Rahman)は、「少なくとも最初は誰もタリバンを支持していなかった。しかし、アフガン政府が崩壊したとき、私は喜びのあまり通りを走り回った」と語った。

残念ながら、ラジクは米軍が「目的が手段を正当化する軍事的便宜主義の戦争を遂行するため」に力を与えた多数の軍閥、腐敗した政治家、犯罪者の一人に過ぎなかった。そしてその誘惑は、今日の私たち一人一人にも最も適切に適用される話である。

目的が手段を正当化できないとき

アフガニスタン戦争で犯した過ちと同盟に対するこのようなアプローチの危険性を理解することは重要である。特に新たな紛争を国家議題に迅速に追加している状況ではなおさらだ。しかし、ほとんどの場合、私たちは地政学的レベルで実質的な変化をもたらす立場にはいない。しかし、それでもこの話から得られる重要な教訓がないというわけではない。

政治家たちは目的が手段を正当化できるというアプローチを受け入れているか、少なくともその誘惑を感じている。それは政治家たちが「どんな手を使ってでも勝たなければならない」と考えているからだ。つまり、「火には火をもって対抗しなければならない。私たちは彼らがやっていることをしなければならない。それが彼らが当選した方法だ。私たちもそうしなければ当選できない」と考えているからだ。

しかし、このようなアプローチが倫理的、精神的、現実的に何故間違っているのかを考えると、それは政治だけでなく、大義を追求するために些細に見える罪を受け入れたいという誘惑を感じる私たちの生活のあらゆる領域でも特に重要である。

神に「ノー」と言うことの代償

キリスト教徒として、目的が手段を正当化するという考え方をとるためには、道徳的にも霊的にも深刻な堕落が必要である。しかし、それはイエスを主と告白する者なら誰でも恐れるべきことである。

神が祝福できない道を歩みながら聖霊の声を押し殺して生きることは、精神的にも感情的にも容易ではない。聖書は静かにしているわけではない。神は一歩一歩進むたびに説得し、悔い改めるように呼びかけるだろう。そして一歩一歩進むたびに神に「ノー」と言わなければならないだろう。

それは可能だが、私たちそれぞれは信仰の仲間がそのような選択をした悲劇的な例を思い浮かべることができる。しかし、その程度まで神に心を閉ざすことの代償は甚大である。そしてそれはそうでなければならない。

良い父親は子供が崖の端に向かって走るのを見て黙っていることはない。しかし、どんなに良い理由があっても、罪を受け入れる時に、天の父がその罪を容認してくれることを期待することはできない。

アブドゥル・ラジクのような人々には、目的が手段を正当化する思考を簡単に見つけて非難することができる。しかし、それが私に近い場所にあり、私が追求する目的と関連しているときは、はるかに難しい。しかし、神は私たちにそのような選択肢を与えていない。

したがって、過程よりも目的自体を重視しようとする誘惑を感じるとき、天の父が両方を重要視し、神を栄光にする方法で成し遂げることができる使命を私たちに与えていることを忘れてはならない。[福音祈禱新聞]

<著作権者ⓒ手の中の神の国、真理で世界を開いてくれる福音祈りの新聞。 ソースを記載して使用してください。>情報とお問い合わせ:gpnews@kakao.com

Morepost

神様の国の復興と宣教完成