[GTKコラム]キリストで十分なキリスト教(3):心理学に染まった教会、パート2

Date

なぜ教会はそう急いで心理学を受け入れたのでしょうか。その理由は、概して心理学者が自分たちを科学者として描写しているからだ。 科学の時代である今日、学問の世界で確実に認められることで、心理学の真理が論争の余地のない学問であることを意味するからだ。 そうではないだろうか?

行動科学はどのくらい科学的だろう?

何十年もの間、ますます多くの人が心理学を受け入れながら心理学を支持する人々は、単に心理学が真の科学であると当然受け入れている。しかしそうではない。それは偽の科学であり、道徳的および精神的な問題に対処することなく行動の問題を説明し、診断し、治療するように設計された人間の最新の発明品の一つである。

心理学は、熱力学や有機化学などの科学的知識のような一貫したシステムではない。私たちが言う心理学とは、様々なあらゆる複雑な思想と理論を言うことであり、その中で、いくつかの理論は互いに矛盾している。心理学は、人間が心や精神的、情緒的変化の過程を効果的に扱う能力を立証しているわけでもない。したがって、心理学は科学として認めることはできない。

確かに、私が心理学を類似科学に分類することについて多くの人が反感を抱くでしょう。しかし心理学とはまさにそのようなものだ。わずか百年前に骨相学と呼ばれる変った一種の「行動科学」をめぐって一大議論があった。骨相学は、人格的特性が頭蓋骨の形状によって決定されると信じていた。読者もおそらく以前の骨相学図解を見たことがあるだろう。 骨相学図解とは、脳のどの領域が特定の感情や特性を決定するのかを知らせる説明が、頭の特定の部位ごとについている脳の地図だ。骨相学者は人々の頭蓋骨をたどって頭の湧き上がった部分の位置をもって、彼らが持っている問題を診断したりした。

もしそれ以来、行動科学が大きく発展したと思ったら、大人に、彼が出生前にどんな悩みをしたのかを再び思い出すことができるように、胎児のように枕を抱いて体を丸める姿勢を取ることがどれほど合理的なことなのか自問してほしい。もし私にそのような機会があれば、私は誰かに私の頭をコックコック刺してもらうように頼む!

現代の心理学者は多数の矛盾する理論に基づいて、何百ものカウンセリングモデルとカウンセリング技術を使用している。したがって、心理療法がまるで単一した統合的で一貫した科学であるかのように話すことは不可能だ。

しかし、現代の心理学の基礎は、初期のフロイドの人本主義に根ざしたいくつかの一般的なアイデアにまとめることができる。これらは多くのクリスチャンが聖書的真理で合成しようと努力するのと同じ考えでだ。

∙人間の本性は根本的に良い。

∙人々は自分の問題を解決する答えが自分の内面に入っている。

・人の過去は、その人の態度と行動を理解し矯正できる鍵だ。

・ある人の問題は、他の誰かがその人に加えた行動の結果だ。

∙人間の問題は、本質的にどんな精神的または肉体的な状態とかかわらない純粋に心理的な問題であるかもしれない。

∙心の奥深くにある問題は、心理療法を使用する専門カウンセラーによってのみ解決することができる。

∙聖書と祈りと聖霊は、特定の種類の問題を解決するには不適切で過度に単純な解決策だ。

それらと違うけど似ている邪悪な理論が、心理学のタンクから色々な雑なのと教会に共に入ってきた。残念なことに、それらは人々を助けようとする教会に根強く衝撃的な悪影響を及ぼしや。多くの忠実なクリスチャンは、真剣に相談が何であり、何をするべきかが理解できなかった。

意外にも、教会が「行動科学」にこんなに心酔する前から心理療法が何であるかを最もよく知っている人々は、それが果たして科学かについて疑問を抱き始めた。1979年、タイム誌は「精神課治療」を受ける精神医学」という次の特集記事を載せた。

精神医学は今四面楚歌に陥ったようだ…。 多くの精神科医は、平凡で日常的な神経症患者(「世界のすべてを一人で心配している人」)を心理学者や人気のあるアマチュア心理療法士に任せたがる。

精神科医は、彼らの職業が専門用語、難読化、神秘化でいっぱいの現代錬金術を頻繁に使用しているけど、貴重な知識はほとんどないことを認めている。

いつもそうだったように、精神医学を最も辛く批判する人々は精神科医自身だ。自分の専攻分野について長い間最も露骨な批判を加えてきたトーマス・サスは、精神疾患のようなものは実際には存在せず、通常の生活の問題だけが存在するだけだと主張する。精神医学に反対するもう一人の精神科医であるポーラートリーは、精神不眠症などのいくつかの脳疾患の存在は喜んで認めるが、そのような病気は一般開業医や内科医が処方できる薬だけでも十分に治療できると言う。

主流に属する精神科医でさえ、精神医学が果たして正常と異常を区別できると確信できない。

この記事は研究センターの精神科医であり生化学者であるロス・バルデサリニの悲観的な見通しで終わりを結んでいる。 彼はこう言った。「私たちは近い将来には精神疾患の原因と治療法を見つけることができないだろう」

数年後、アリゾナ州フェニックスで心理療法をテーマにした史上最大規模の集まりだと宣伝されたあるセミナーで、世界の主要心理治療専門家たちが集まった。「心理療法の進化」と命名されたこのセミナーは、全世界から来た7000人の精神健康専門家たちを集めた。このセミナーは主催側で心理療法のウッドストックフェスティバルと名付けられた歴史上最大の心理療法セミナーだった。

カンファレンスに一つの真理が明らかに台頭した。 心理療法士の間でほとんど同意しなかった。彼らには統合された心理学的「科学」はなかった。ひたすら耳にさらされる破壊された神学と治療学だけだった。

ロサンゼルスの新聞はラングの言葉を引用した。「彼は、1世紀にわたる心理療法の歴史から生まれた人間関係についてのどんな根本的な洞察も考え出せないと述べた。「私は私たちがソクラテス、シェイクスピア、トルストイ、あるいは15歳の時のポロベルさえも上回ったとは思わない」と話した。

ラングはこう付け加えて言った。「私は精神医学はまったく科学ではないと思う。精神医学は知識と発展の体系を築くことができる化学や物理学のようなものではない。

このカンファレンスの主催者であるジェフリー・ジグは、米国だけでも、様々な理論が百程度はあると述べた。ところが彼の言葉によれば、その中の大部分は「ぼやけて消えてしまう運命に処している」。

心理学はその基礎となる無神論的な進化理論と同様に科学ではない。有神論的進化論と同様に「キリスト教心理学」は本質で矛盾した二つの思想体系を調和させようとする試みだ。現代心理学と聖書は、聖書の十分性という原理を真剣に毀損したり、完全に捨てなければ決して融合することはできない。

心理療法は良いビジネスにはなったけど、誰かの霊的な問題も解決できない。せいぜい心理療法は、行動を表面的に修正するために人間的な洞察力をたまに使用できるだけだ。心理療法は単に一時的な臨時的にすぎない一種の精神的矯正療法であるため、クリスチャンにも非クリスチャンにも同じように成功することも失敗することもある。 [福音祈禱新聞]

ジョン・マッカーサー(John MacArthur)| グレイストゥコリアコラムニスト

原文: https://www.gty.org/library/blog/B140910

GTKコラムは、私たちの生活の中で起こるすべてのことを聖書の言葉から答えを探しているアメリカのグレースコミュニティ教会のジョン・マッカーサー牧師と、GTK協力の牧師と聖徒たちが貢献するコミュニティであるGrace to Korea(gracetokorea.org)のコンテンツです。 と条約を結んで掲載されています。

<著作権者ⓒ手の中の神の国、真理で世界を開いてくれる福音祈りの新聞。 ソースを記載して使用してください。>情報とお問い合わせ:gpnews@kakao.com

Morepost

神様の国の復興と宣教完成