[チェ·ヨナコラム] これから何を食べて生きる?

Date

音戦争5

今年で信仰生活を始めて34年になる。大学1年生の時、イエス様に劇的に会って人生がひっくり返った後に「キリストの弟子」として生きるためにもがいた時間があった。 今そのように生きろと言えば意欲が出ないほど数多くの集い、集会、そして使役した時間を考えてみれば私の熱心ではなく、「神様の熱dcs心」だった。イエス様に会って変化された後に持った私の人生の唯一の目標とビジョンはただ「宣教」であった。この地に青く青いキリストの季節が来るようにすること、民族を変化させ、世界を変化させ、この地に真の主の国が臨むようにすることこそ、私の人生の存在目的であり、理由になった。唇で告白しただけに、人生で証明したくて私の若さを差し上げたその時間は、今も私の信仰生活の基礎になり、滋養分になったことは言うまでもない。

時が来て大学を卒業する頃に誰かがこう尋ねた。

「これから何を食べていく?」

もちろん私の一番近い知人が言った言葉だった。弟子の訓練を受けたために資格証一つもなく、イエス様に狂ってひたすら称賛、祈り、伝道に「オールイン」して暮らした時間が終わり、もう卒業を控えた私を心配して言った言葉だった。本当に対策のない人生だった。いや、「神様が私の対策であり計画です!」という告白は真心の告白だったので躊躇がなかった。本当に思いっきりの人生だった!

大学卒業後に色々な仕事をして、浦項ハンドン大学生活館司監(株:寮相談幹事)として4年間仕えることになった。ハンドンだ大学の後援会である「葦の箱」事務室でしばらく仕事を手伝っていた今の妻に会って結婚することになり、家庭を成すことになった頃、誰かがこのように尋ねた。

「これから何を食べていく?」

もちろん私の一番近い兄弟が言った言葉だった。浦項のハンドン大学でずっと仕事をしながら過ごしても良いが、4年目で辞職届を出し、結婚と同時に宣教師になるために準備する姿を見た兄弟が心配して言った言葉だった。 そうだった! 「本当に対策なしにこのように生きることができるだろうか?」その時に会った妻は、実は私よりさらに対策がない、いや、もっと信仰のある人だった。これからの進路と世の中の心配したら、いつもこのように挑戦してきたからだ。「神様が私たちの対策です!」 本当に世の中が手に負えない人だった。

外国に行って言語を学び、宣教団体で進行する色々な訓練をしながら、宣教について、そして宣教師の人生を少しずつ学ぶようになった。時が来て韓国に帰ってきて神学を勉強することになったが、泊まる家がなく、財政はさらになかった時代だった。前が見えない漠然とした現実の中に投げられた状態だったが、私と妻は喜びと聖霊が充満した。

「これから何を食べていく?」

韓国に帰ってきたが、家も職業も後援者もなしに暮らす私たちの姿を見た親しい知人が投げかけた質問だった。家長として、夫として何かはしなければならないようだったが、神学校に行くために毎日入試準備をするのと同じくらい熱心に入学試験を準備した。そのように6~7ヶ月間の時間を過ごして神学大学院入学試験を受けることになった。「神様が供給するでしょう!」という告白どおり、神様はとても小さな家を与え、必要な度にカラスを送らせて米とキムチを供給してくれた。そのようにして入ることになった神学大学院で、アンヤンにある教会で使役を始めたことで伝道師の生活は始まった。もちろんその時も家はなかったが、神様は私たちの家族が住む小さな空間を許してくれた。教会と学生部の子供たちに仕え、恵まれた伝道師の生活をする間、宣教地に出るための具体的な準備をすることになった。時が来て2011年1月29日、イスラエル宣教師として出国を控えたある時に近い知人がこのように尋ねた。

「これから何を食べていく?」

イスラエルは中東の台風のような地域であり、住宅価格ははるかに高く、生活が苦しいだけでなく、宣教することはさらに難しい人々がユダヤ人なのに、どんな考えでこのように家族を連れて宣教地に出るのかという心配を言ったのだ。ヨブの友達のようにヨブを慰めてくれるようだったが、実際はヨブの痛いところをほじくり出した人たちがまさにヨブと友達の間の論争ではないか! 同じだった。私たちの人生の中で神様がどれほど細かく、そして親しく導いてこられたのか、数え切れないほど告白し、証言して分け合ったけど、彼らの目は隠され、耳は聞こえなかったアイロニーな状況だった。イスラエルで右往左往しながら過ごした10年間の時間の中で、神様は毎月払う家賃と生活問題に困難がないよう保護し、導いてくださった。

「主は荒れ野で、獣のほえる不毛の地で彼を見つけ、彼を抱き、いたわり、ご自分の瞳のように守られた。鷲がその巣を揺り動かし、雛の上を舞い、羽を広げて雛を取り、翼に乗せて運ぶようにただ主だけが彼を導き、異国の神は共にいなかった。」(申命記/32:10-12)

そのようにイスラエルでの時間を過ごし、主の導かれの中で2020年1月、本の出版と個人日程のためにしばらく韓国に帰ることになったが、泊まる家がなかった。罪深いこの世の中が私の家ではないが、子供たちが大きくなって10代を送っているのに留まる家がないということは耐え難い痛みであり、子供たちに申し訳ない気持ちだった。それでも神様は一度も私たちを失望させたことのない良いお父さんではなかったのか! 韓国に帰って間もなく、近くにいる家族の一人がこう言った。

「これから何を食べていく?」

もちろん、このように尋ねた人はイエス様を信じて信仰生活をする方だ。私たちの家庭が今までどのように生きてきたのか、何を食べながら生きてきたのか、そして神様はどのようにしてくださって、導いてこられたのかを最も近くで見た証人だった。それにもかかわらず、神様は目に見えないし、新型コロナウイルス感染症によって経済が崩れ、後援が途絶える現実の状況がさらに大きく見えたのだ。神様は死んだ方ではないのに!実に「笑えるけど悲しい現実」の姿を目にした。どう答えていいか分からなくて一瞬戸惑ったが、すぐに私はこう答えた。

「これから何を食べて生きていくのかですか?」 今まで私たちの家庭がどのように食べて生きてきたのかよくご存知なのに、知らなくてこんな質問をされているのではないでしょう?」と反問した。自称コロナ時代と呼ばれるこの厳しい時期に、多くの人が何を食べて生きるべきか心配し、悩んでいる。宣教師だからといって、このような悩みと現実的な心配がないというのは嘘だろう。しかし明らかで否認できない事実は、神様は今も真っ青に生きておられて、導かれる「エベンエセル」の神様だ。今まで神様の助けを目で見て、耳で聞いて直接目撃したのに、どうして信仰を否認し、神様の助けを疑うことができるだろうか?

あ、しまった!

「目があるからといってすべてを見るのではなく、耳があるからといってすべてを聞くのではない!」

「この民の心は鈍り、耳は遠くなり、目は閉じてしまった。こうして、彼らは目で見ることなく、耳で聞くことなく、心で理解せず、悔い改めない。わたしは彼らをいやさない。しかし、あなたがたの目は見ているから幸いだ。あなたがたの耳は聞いているから幸いだ。」(マタイによる福音書13:15-16)

「神様!今日を生きていく私たちに神様の御業と歴史を見て聞くことができる福々しい目と耳になるようにしてください。」 <続き> [福音祈祷新聞]

このコラムは、筆者の著書「音戦争(うつぶせ出版社)」から著者の許諾を得て抜粋、掲載します。

チェ·ヨナ宣教師|総神大神学大学院卒。 国際オーエムイスラエル所属。 CCCとYWAM礼拝の導者とリーダーで使役。著書「君が私の栄光を踏みにじった」(奎章刊、2020)に続き、最近これまで私たちが逃して生きてきた「神様の声」を渇望する気持ちで2023年11月<音戦争(伏せ出版社)>を出版した。

<著作権者 ⓒ 手の中の神の国、真理で世界を開いてくれる福音祈祷新聞。 出所を記載して使用してください。>情報提供·お問い合わせ:press@gpnews.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成