「私がする」··· 神に反逆を選んだルシファー

Date

神様が世の中の万物を作り、その結果を見ながら「とても良い!」とおっしゃった。すべてが完全な秩序と調和した。そこ,エデンの園は苦痛も、病気も、悲しみも、争いもなかったが、何よりも死がなかった。神様と人の間は愛があふれる親密な関係だった。そこは人が住むのに最も理想的な場所であり、人はここでこの上なく幸せだった。

しかし、今日この世の中は苦痛と病気と息詰まる生存競争が支配している。貧困と災難、テロと戦争が世界各地を支配している。人の世界から動物の世界に至るまで、生きること自体が休まない闘争になってしまった。どう見ても今の世の中は住むのにあまり良い場所ではない。いったい何があって、世の中がこんなに変わってしまったのだろうか?

聖書によると,ルシファーの傲慢さはその事件の発端であるという。優れた美しさと知恵と能力が天使ルシファーを傲慢にさせ、傲慢は彼があえて考えることさえできなかった貪欲を抱かせた。

「ああ、お前は天から落ちた。明けの明星、曙の子よ。お前は地へと切り倒された。諸国民を打ち倒した者よ。お前は心の中で言った。『私は天に上り神の星々より上に王座を高く据えよう。そして、北の果てにある集会の山に座し雲の頂に登りいと高き方のようになろう』と。」(イザヤ14:12~14)

ルシファーの問題は(私が)天国を掌握しようとする欲望、すなわち「極めて偉い人」と対抗しようとする反逆の心から現れた。彼は神の地位を占め、天にいるすべての天使の支配者になろうと決心した。ルシファーの心の中の傲慢さは、抑えきれない欲望で燃え上がった。傲慢になったルシファーは、自分の意志で神様に対抗することを選択した。神様は天使を作る時、ロボットのような存在ではなく完全な自由意志を持った存在として作られた。神に仕えるということは、自分の意志で従順を選択することをいう。しかし、ルシファーの傲慢さは天使のレベルで満足せず、ついに神に対する反逆を選択させた。神様はこのようなルシファーの選択を「罪」と言われた。 [福音祈祷新聞]

エマオの道で出会った人

(ジョン·クロス)。エヌティエム出版部。 2006)から抜粋

<著作権者 ⓒ 手の中の神の国、真理で世界を開いてくれる福音祈祷新聞。 出所を記載して使用してください。>情報提供·お問い合わせ:press@gpnews.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成