[TGCコラム] サタンに何かあったの?

Date

先日、私はイエス様の山上の説教を説教しながら、イエス様のように永遠の審判を扱った。主の口から出た言葉である以上、私はいくら不便な真理だとしても決してそっと避けながら聖徒たちにお世辞を言わない。考えてみよう、イエス様が本当に滅亡に導く広い道に関する警告と神様と財物に同時に仕えることはできないという内容、そして怒りと情欲が地獄の火に至らしめるという事実を伝えることが重要だと考えたなら、その方に従う人として、またその方の言葉を宣布する人として、私たちには他の選択の余地があるだろうか? 聖書にありのままそのメッセージを伝えること以外にない。それが現代人の耳にいくら恐ろしくてもだ。

礼拝が終わった後、ある女性が私に近づいてきて、「これまで多くの教会に通ったけど地獄について話す牧師を初めて見た」と話した。 彼女はその重要なメッセージを大声で宣言してくれてありがとうと言った。しかし、彼女は地獄という言葉をほとんどささやくように言った。まるで呪いの単語として乱用される地獄がその力を失ったように、しかし同時に依然として秘密であるかのようにだ。しかし、信実な信者たちは、その単語が依然として正統キリスト教の一部だが、それでも私たちが声を出して言ってはならない誰かの目的地であることを知っている。

このすべての状況が私の好奇心を呼び起こした。いや、審判を言及せずにどうやってイエスを伝えるのだろうか?イエス様のその多様な比喩をどのように説明するというのか?滅亡に対するイエスの継続的かつ一貫した警告をどのように処理できるのだろうか?これで終わりではない。イエスは確かに二者択一との対照を強調した。たとえあなたがパウロと他の使徒の教理にそれほど気を使わない、教団を越えた急進キリスト教徒(red-letter Christian)だとしても、滅亡と消える魂を警告したイエス様の肉声(the redletters)と地獄を象徴する死なない虫と消えない火のイメージまで無視することはできない。

グッバイ、サタン

地獄がないという事実と最も密接な関連を持つのは消えるサタンだ。 ますます多くの教会で神様と神様の民に対抗して戦争を繰り広げるサタンや鬼、勢力と情事に関する話を聞くのが難しくなっている。文字通りサタンが消えた。そうだ。恩師主義教会や五旬節教会にはたびたび現れるが、ますます裕福になり教育水準が高くなる福音主義教派では事情が違う。サタンという告訴者に関するイエス様と使徒たちの言葉の前で人々は震える。

悪魔がすべての問題の背後から覗いており、サタンの影響力が聖書の証言を歪曲する方式で過度に強調される他の信仰伝統に蔓延した一種の誇張を避けたがる牧師たちがいることを私は知っている。だから節制された方式で行った方がむしろましだということだ。ところが、このようなアプローチには唯一の障害物がある。それがまさに聖書だ。聖書だけでなく教会史も同じだ。そして非西欧地域にいるすべての兄弟姉妹も同じだ。 だから基本的に聖書がこのような態度に反対しており、キリスト教歴史の中のすべての信者もそうであり、また西欧キリスト教を除く他のすべての地域の信者も同じだ。

私たちは今、かなり変わっている。にもかかわらず、この問題に関する我々の沈黙はかなり精巧だと思われている。

サタンが消えて生じた様々な余波

問題はこれだ。サタンについて説教しなければ、聖書が証言する罪と救いではない。せいぜい一般的な善悪に区分される心理治療的で世俗的な範囲を越えることはできない。

地獄について全く言及しなければ、あなたが話す福音の中には緊迫感があり得ない。あなたが伝える福音は、単に人々が聞きやすくて、より満足そうな生き方にすぎない。これがまさにインスタグラムインフルエンサーから仏教徒に至るまで、皆がすることだ。

あなたが悪魔のことを全く話さないなら、当然天使も言及しないだろう。これは何を意味するのか?聖書が実在だと言う霊の世界を、すなわち見えない領域を本当だと思わないことを意味する。あなたは、御言葉から外れた宇宙観を持つ貧弱な想像力の持ち主である。しかし、古代教会は明らかに聖書の主張を確証した。そして今、世界の教会はそれに参加しています。

さらに天使、幽霊、サタン、地獄に対する貧弱な見方は、私たちが罪と戦う時、神様を正しく礼拝しようとする時、そして神を知り愛する心の純潔を追求する時、私たちの弱めになる。サタンの喪失はキリスト教徒の人生の脈絡が変わることを意味し、霊的戦場がいつのまにか平和な慰労と成就の現場に変形したことを示している。

永遠という持分の重さを減らす

キリスト教が言う永遠がかかった問題の重要性を低くする時に伴う必然的な結果は、結局些細な問題がより重要になるということだ。イエス様と使徒たちが伝えた生死の緊急性を受け入れない時、どんな結果が生じるだろうか?生死の緊急性を他の問題に挿入することで、世の中の問題を実際より大きく見せかける。

これが西洋の教会で目撃する現実だ。私たちが宇宙的観点を失い「この世」と関連した人生の側面だけを強調する時、未来の審判という厳重な現実を軽視する時、私たちは結局永遠の正義に対する希望さえ失うことになる。 これは結局、地上の正義だけが私たちに残った全てだと認めることになるのだ。したがって、この地で完全な正義を達成しない限り、私たちは決して正義が究極的に実現する現実に出会うことはできないという意味だ。 「この世」しか残っていない人々に残された結果は何か? この世で追求する各種正義追求は事実上生死の闘争になる。 本当に深い関心を持たなければならない何かを探す過程で戦わなければならない本当の戦争の代わりに、私たちは休まず続く小さな戦闘に魅了される。偉大なドラマを逃した人の目には、この世が作る小さな世俗的ドラマが重要に見える。

イエス様のように教えているのか?

私は今日の人々にサタン、地獄、天使、悪魔に対する説教がどのように近づくか深く悩むことなく、生半可な説教を勧めない。状況化は重要だ。そのため、神様は私たちに言葉を解釈しろと説教者をくださった。ただ言葉は声を出して読むことで終わらない。いざ必要なのは聖書が教える内容を注意深く説明し、聖書が書かれた当時と今の文化的距離を認めながら、人々が世の中を違う方式で見るよう招待することだ。

しかし、いくら細心に配慮するとしても変な点を全部なくすことはできない。だからといって、現代人の耳に奇妙に聞こえるすべての部分をなくすために努力してはならない。特異な点は目につくものだ。

私たちがイエス様を見習ってその方を伝えるイエス様の宣言者になれば、イエスがおっしゃったすべてのこと、ひいては今日の私たちを不便にさせる部分までも苦心しなければならない。それは独善で神様の恩恵と慈悲を拡張できない人や巧妙さで審判に対する警告を笑う人に向けたイエス様の二重的な攻撃も含まれている。

正統的で健全な信仰告白を固守する教会も、いくらでも聖書が強調する教えに重きを置かないことができる。正しい教理に従いながらも、それにともなう適当な厳重さを持ってその教理をまともに扱わないことが可能だ。

今日、サタンが信者たちの感覚を鈍らせるために使う最も簡単な方法の一つが、牧師たちがイエス様のように話さなくても、まるでイエス様に関する真の教えを伝えるように説教させることだ。 [福音祈祷新聞]

원제 : Whatever Happened to Satan?

トレビンワックスTrevin Wax | Life Way Christian Resourcesの神学とコミュニケーション学科の副学長であり、Wheaton Collegeの外来教授であり、The Gospel Projectの編集者である。 「ディス·イズ·アワー·タイム」、「歪んだ福音」、「私たちの時代の6つの偶像」、「Gospel Centered Teaching」を多数の本を著した。

このコラムは改革主義的神学と福音中心的信仰を広めるために2005年にアメリカで設立されたThe Gospel Coalition(福音連合)のコンテンツで、本誌と協約に基づいて掲載されています。 www.tgckorea.org

<著作権者 ⓒ 手の中の神の国、真理で世界を開く福音祈祷新聞。>情報提供及びお問い合わせ:press@gpnews.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成