「父の愛」というガンジーの国インド、クッキー族は暴力に苦しみ

Date

「インドの父」とされるマハトマ·ガンジーはグジャラート語でバプ(父の愛)と呼ばれる。インドはガンジーの誕生日である10月2日を祝日と定め、全世界的には「国際非暴力の日」と記念している。しかし、現在、インド北東部マニプル州のキリスト教少数部族であるクッキー(Kuki)族は、ヒンドゥー過激主義者の組織的攻撃で聖徒の家4000軒余りが焼失し、少なくとも150人が死亡、難民数は3万人を超えている。政府軍が地域の平和と秩序を維持せよという最高裁の命令にもかかわらず、ヒンドゥー民族主義地方政府は暴力を止めるために何の措置も取っておらず、彼らのための緊急救護が切実な状況だ。種族と宗教を理由に迫害と殺人を加えながらも怒りと貪心に血眼となり、過ちを悟ることができないヒンドゥー極端主義者たちが真の神様の父親の愛を悟り、取り戻させ、彼らの攻撃で難民になった3万人のクッキー族が主の愛で苦難に十分に勝つよう助けてください。

▲ インドのガンジー博物館の銅像。 提供: WMM

「誰が私たちをキリストの愛から切りなさい。患難も困苦も迫害も飢饉も敵神も危険も刀だろうか…··· しかし、このすべてのことに私たちを愛する人によって、私たちが十分に勝つのだ」(ロム8:35、37)[福音祈祷新聞]

<著作権者 ⓒ 手の中の神の国、真理で世界を開く福音祈祷新聞。 出所を記載して使用してください。>情報提供·問い合わせ:gnpnews@gnmedia.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成