焼けたパキスタンのキリスト教村、十字架の恵みの慰め

Date

8月17日、パキスタンのジャランワラ村で暴力事態が発生した。キリスト教徒がクランを破ったという主張だけで怒ったムスリムたちは、1日で20個以上の教会と数百軒の家を燃やした。

人口の96%がムスリムであるパキスタンは、オープンドア宣教会が選定したキリスト教迫害国家順位で8位を占めるほど、キリスト教迫害が激しい。この国では、クランを批判したり破ったりすれば、神聖冒涜罪で死刑に処する。このようにパキスタンでは2020年35人が神聖冒涜罪で死刑宣告を受けた。また、政府の処刑でなくても武装団体によって死の脅威を受ける。

しかし、一夜にして基盤を失ったキリスト教徒たちは廃墟となった教会に戻り、教会の路地に集まって礼拝を行った。そこで彼らは患難と困難の向こうにある十字架の栄光を眺めながら慰めと力を得たのだろう。また、彼らは殉教者の血が流れるとしても黙々とイエスに従い、主の生命を伝えるだろう。それがイエス·キリストの身となった教会の生命力だから···. 永遠である神の国を慕う聖徒たちの美しい足跡に従った彼らの足跡が、主の胸に鮮明に刻まれているだろう。

「あらゆる恵みの源である神、キリストを通してあなたがたを永遠の栄光へ招いてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみの後で癒やし、強め、力づけ、揺らぐことがないようにしてくださいます。」(ペトロの手紙一5:10)

[福音祈祷新聞]

<著作権者 ⓒ 手の中の神の国、真理で世界を開く福音祈祷新聞。 出所を記載して使用してください。>情報提供·問い合わせ:gnpnews@gnmedia.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成