永遠不変の絶対真理「ただ十字架!」

Date

ただ!絶対! 全部の福音!(3)

社会的にも文明的にも21世紀を迎えた私たちの外部の状況は侮れない。世間を相手にして救わなければならない教会である私たちが、この世の急激な変化に背を向けることはできない。天に属した民である私たちは世の中に送られた者たちだ。

しかし、天に属した神様の真理に従って生きていく私たちをイエス様は狼群れの中で羊を送るようなものだとおっしゃった。必ず食べるのが本能であるオオカミの前に羊を置くようなものだとおっしゃったのだ。このような世の中で天国の原理と価値に従えという言葉は、「食われる」という言葉と変わらない。しかし、この世の中は肉体を着て生きていかなければならない私たちの生活の基盤であり使命地だ。だから私たちはそっぽを向くわけにはいかない。

今は第4次産業革命時代だと言う。以前は想像もできなかった価値観とライフスタイルが目の前に迫ってきた。今や私たちが迎えている時代は予測不可能な状況なのだ。融複合時代である第4次産業革命の驚くべき変化のためだ。

しかし、混合された世の中で混ざったり変わったりすることもできず消滅することもできない絶対真理がある。嵐の渦の中で揺れないようにつかまなければならないものがある。世間と決して混ざることも、変わることも、消滅することもできない絶対真理をつかまなければならないのだ。

天と地で唯一生きて居られる真の神はただ神様しかいない

罪人たちのアイデアから出てきた数多くの神の名前があるが、聖書に書いてある通り上に天と下に地に唯一生きている真の神はただ神様しかいない。聖書が証言し、私たちに知らせてくれたこと、その方は創造の主であり、今もこの歴史を統治されて、将来審判なさる生きているエホバ神だけが唯一の神だ。

そして神様が全天地万物の中にその神聖の充満さを能力で創られたすべての万物の中に啓示して下さったが、唯一神様が人類を救うために特別啓示を盛り込んだ唯一の神様の言葉はまさに聖書だ。それだけが私たちが選ぶ唯一の真理だ。

多元主義であれ相対主義であれ、人本主義に満ちているこの世の中はお互いの相対的な価値を認め、「絶対者」「ただ」「十字架」という単語を嫌う。 「イエスだけを信じて救われる。」という言葉の代わりに、私たち皆が一緒に多様性を認め、共に対話しながら一緒に一つになろうという。しかし、聖書が宣言した永遠不変の絶対真理はまさにこれだ。

「ほかの福音といっても、もう一つ別の福音があるわけではなく、ある人々があなたがたを惑わし、キリストの福音を覆そうとしているにすぎないのです。しかし、たとえわたしたち自身であれ、天使であれ、わたしたちがあなたがたに告げ知らせたものに反する福音を告げ知らせようとするならば、呪われるがよい。わたしたちが前にも言っておいたように、今また、わたしは繰り返して言います。あなたがたが受けたものに反する福音を告げ知らせる者がいれば、呪われるがよい。」(ガラテヤの信徒への手紙1:7~9)。

(2018年8月)<続き>【GNPNEWS】

キム·ヨンイ宣教師
巡回宣教師。 LOGミッション代表)

<著作権者 ⓒ 手の中の神の国、真理で世界を開いてくれる福音祈祷新聞。 出所を記載して使用してください。>情報提供及びお問い合わせ:gnpnews@gnmedia.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成