ザンビア、宗教儀式推定の殺害事件で‘暴動’

Date

ザンビアの首都ルサカで暴動を針圧している警察(出所:The News capture)

ザンビアの首都ルサカで数百名の市民たちが、最近続いて発生した殺人事件に外国人が関係した宗教儀式と関連しているとのことで18日暴動を起こした。

本誌の通達によると、最近宗教儀式に見える現地人7人の殺害事件の発生直後、一つの死体がルワンダ人の商店で発見されて現地人たちがこれに憤慨して、この商店を略奪する事件が発生した。

現地言論はこれらの死体から心臓と性器が切断されていて、このような殺害事件は3月17日初めて発生したと報道した。現地の警察は今度の事件と関連があると見える容疑者11人を検挙、調査中である。またこれに17日ザンビアの大統領が今回の殺害事件と関連している容疑者4人を逮捕して調査していると明かした。

一方、ニュースウィクはこれと関連する宗教儀式で児童などが殺害された事件は過去アフリカの国家では総選挙などを前もって発生していたと伝えた。2月にウガンダでは2月18日の選挙直前に6人の子供たちの身体が切断されてなくなっていて、コトドブアルでも2015年度の選挙の前に宗教儀式を通して殺害された事件が発生したと加えて伝えた。

Morepost

神様の国の復興と宣教完成