どんなお知らせを待っているのか

Date

インドのある田舎の村で

聖書を持った伝道者の前に幼い子供からお婆さんまで、老若男女が一つの場所に集まった。聞く人たちの表情はいろいろである。集中して聞く人、そうでない人の姿も見える。

しかし聞く人たちの態度がどうであれ、福音は信じるだけで、聞く人がどんな状況であってもうれしくてよいお知らせである。いますぐどのように聞くかによらず、神様はかならずここに集まった人たちの唯一の福音になるようにしてくださるだろう。

これ以上自分の主張をしない者。これ以上自分の望みと期待がくずれて、自分たちを造ってくださった神様の呼びかけを期待する者に、神様は強い御手と腕で私たちを抱いてくれるだろう。希望のない者に、唯一の希望になってくださる主は・・・

御使いは言った、‘恐れるな。みよ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなた方に伝える。今日ダビデの町に、あなた方のために救い主がお生まれになった。このがたこそ主なるキリストである(ルカによる福音書 2:10-11)”

[GNPNEWS]

Morepost

神様の国の復興と宣教完成