十字架がなぜ唯一の救いの方法なのでしょうか?

Date

神の救いの方法がなぜ必ずしも十字架でなければならないのでしょうか? 十字架刑は当時ローマで最も残忍な死刑のひとつでした。

死刑判決を受けた罪人が十字架に釘付けにされ、数日にわたってゆっくりと死に至る刑罰が十字架刑です。ユダヤ人にとって、十字架に釘を刺された者は神に呪われた最も罪深い人と見なされました。

「木にかけた者は、神からの呪いを受ける者である」(申命記 21:23)

聖書は罪の代価を死として述べています。したがって、罪人は実際に死という代償を支払わなければなりません。それゆえすべての罪人は死の権威の下で自由になれないのです。

罪は必ず神の裁きを受けます。その裁きの結果は永遠の地獄です。しかし、イエス・キリストは罪人の代わりに十字架で死にました。

十字架は、サタンの権威が破壊された場所です。

したがって神の裁きは終わり、すべての罪人はすでに裁かれたのです。十字架でサタンの死の権威が破られ、イエス・キリストは復活によって勝利しました。

「わたしの言葉を聞いてまたわたしを遣わされた方を信じる者は永遠の命を持ち、審判に至らないで、死から命に移ったのである」(ヨハネの福音書 5:24)

私たちが認めようが否とうが、罪は霊的な背後勢力であるサタンに属しています。

「罪を犯す者はみな、悪魔に属する者である。悪魔は元から罪を犯した者である」(ヨハネの第一の手紙 3:8)

これはすべての罪の権威がサタンにあることを意味し、罪を犯すということはサタンの権威の下にあることを意味します。私たちは罪から自由になるためには、罪の根源であるサタンの権威が破壊されなければなりません。しかし、既に創世記3章15節の神の救いの約束が十字架によって成就されました。

「神の子が現れたのは、悪魔のわざを破壊しようとされたためである」(ヨハネの第一の手紙 3:8) [GPNEWS]

Morepost

神様の国の復興と宣教完成