神に召された者に求められるもの、「絶対信仰」

Date

ただ! 絶対!全部の福音!(12)

アブラハム、ダビデのようにひたすら信仰、絶対信仰で福音を信じた3番目の人はパウロだ。だからといって、彼が資格があって福音を受けた人ではなかった。パウロは自ら言うには罪人の中に怪獣であり、福音に敵対した者であり、殺人した者であり、そして悪行する者だった。彼は十二使徒の仲間入りにもならない非常に邪悪な宗教的秘密警察だった。彼には世の権勢はあったが、イエス様の弟子としては全く似合わない人だった。しかし、彼は説明できない神の恵みを受けた者だった。

彼には復活した主が個人的に教えてくれたことがあったが、それで人々に認められなかった。そのため、彼は教会に手紙を書くたびに、自分は人によるものでもなく、人が立ててくれたものでもないと話す。今で言えば按手も受けられず、学校も通えず、教壇で認定を受けられなかったという話だ。ところが、神様は彼を呼んで十字架の秘密を啓示し、新約聖書の大部分をパウロの手紙で満たしてくださった。

パウロは出産の苦労で教会を建てた。しかし、割礼派のユダヤ人たちは自分の割礼を誇り、律法と系図を持ってパウロが建てた教会を揺さぶり続けた。パウロに対する彼らの攻撃はたった一つだった。パウロがそれだけの資格を備えていなかったということだった。

アブラハムとダビデ、そしてパウロの3人には共通点がある。ただ神様に呼ばれた者たちだという事実だ。このため、彼らには人々の認定や評判や利益や保障のためではなく、ただ呼ばれた神様が全てだった。

不利な条件の中でも、彼らにとって実際は生きている神だった。誰とも代えられない絶対的な信頼だった。驚くべき信念の根拠を持つ人々には、彼らに責任を負う組織や教団、権威、またはいかなる保証も彼らにとって信仰の条件にはならなかった。神様が彼らに要求されたのは絶対信仰だった。

神様は今日も私たちを呼ぶ。私たちはその方を絶対的な神として知って、主はキリストであり、生きている神の息子だと告白するその信仰に進まなければならない。誰でも神について行くためには、自分を否定し、毎日自分の十字架を背負ってこそ、神について行くことができる(ルカ9:23)。イエス様を選択するという言葉は、多くの中で一つを選ぶことではない。相対的に高い比重で誠意を持って従うということではない。絶対であり、ひたすらであるべきだ。アーメン. (2018年8月) <継続> [福音祈祷新聞]

キム·ヨンイ
(巡回宣教師、LOGミッション代表)

<著作権者 ⓒ 手の中の神の国、真理で世界を開いてくれる福音祈祷新聞。 出所を記載して使用してください。>情報提供·お問い合わせ:press@gpnews.org

Morepost

神様の国の復興と宣教完成